YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

桜を見に、あっちの高尾山へ……そして迷走(*_*) (甲州高尾山、棚横手)

つるさんさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:家族に「山の徘徊中年」と呼ばれてます。
    陣馬が地元、中央線沿い、富士五湖、丹沢
    そして時々、奥多摩を徘徊中。
    ロングコースが好きなオヤジです(^_^)ゞ
  • 活動エリア:神奈川
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:鹿児島
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大菩薩嶺・ 鶏冠山(黒川山)・倉掛山

2016/04/02(土) 18:42

 更新

桜を見に、あっちの高尾山へ……そして迷走(*_*) (甲州高尾山、棚横手)

公開

活動情報

活動時期

2016/04/02(土) 07:26

2016/04/02(土) 15:15

アクセス:187人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,382m / 累積標高下り 4,381m
活動時間7:49
活動距離18.91km
高低差841m
カロリー3407kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は、前々から気になっていた”甲州高尾山”に登ってきました。
しかし・・・・道は間違えるわ、道標は見落とすわで久しぶりの迷走登山
をしでかして来ました。((+_+))

* ~ 勝沼ぶどう郷駅
 朝、起きると雨は降っていないがドンヨリとした曇り空。「雨は降らないだろうな・・」と
 心配しながら電車で出発。しかし、電車から見ると真っ白で霞んで、いつもハッキリ見える
 扇山や倉岳山などの中央線沿線の山々は全く見えず、さらに駅の目の前にある岩殿山までも
 霞んで見えず・・・・「甲州高尾山も真っ白だったら、どうしよう」と不安が募ります。
 ところが! 笹子トンネルを抜け、山梨に入ると、晴れてはいないが、普通の曇り空でホッとひと安心。
 駅で下車し、気を取り直しまずは「大滝不動尊」目指し歩き始めます。

*勝沼ぶどう郷駅 ~ 大滝不動尊
 駅を出て、すぐに「どっちに行くんだろ? まぁいいか コッチだろ」と迷走開始。
 しばらく行き、YAMAP地図をみると地図のルートとは違う所に・・・でルートに合わそうと
 右に行ったり引返したりと迷走。途中、「前宮」と「奥宮」の分かれ道がありましたが
 最初「奥宮」方向に行ったのですが、途中で思い直し引返し「前宮」方向へ・・などと
 無駄な時間を過ごしながら迷走。(結局、「前宮」と「奥宮」のどっちでも構いませんでした。
 途中で合流します。ただし、車、タクシーだと「奥宮」方向からしか行けないようです。)
 ひたすら、歩いて行くと大滝不動尊「前宮」に着きます。「前宮」をお参りした後
 山道へ、すぐに獣よけの扉があるので開けて入ります。しばらく行くとキャンプ場があり
 抜けると先程の「前宮」と「奥宮」分岐の道と合流します。ここからは舗装道路を
 ダラダラと登って行きます。時々、甲府盆地の町並みが見えます。
 駅から迷走すること1時間半。ようやく大滝不動尊に到着です。
 山門から見上げると、りっぱな滝が見えます。落差が140mもあるそうでとても見応えがあります。
 (冬は氷瀑が見られるそうです)階段を登りお参りして引返してまた歩きます。
 あとで聞いたら、奥宮の横から登り口があるそうで・・・登り口を見落とし、迷走開始です。

*大滝不動尊 ~ 棚横手
 不動尊横に「甲州高尾山、棚横手」の標があり、車止めゲートを抜けていきます。
 落石注意の看板が目につきます。たしかに舗装道路なんですが石がゴロゴロしてました。
 しばらく歩きYAMAP地図をみると、また意図せぬ場所に・・・またルートに合わそうと
 登ったり曲がったり・・迷走。ようやく展望台に到着。ここから棚横手を目指します。
 地図によると、この林道をしばらく歩き、途中から尾根へ登って行くハズですが・・・
 進んでいくと「立入禁止」看板があり行き止まりに・・で、引返して登り口らしき所から
 無理やり登り、YAMAP地図をみるとルートから外れた所を進んでおり、また引返し。
 大迷走です。その後登り口を探し、ウロウロしますが見当たらず。仕方がないので
 展望台まで引返そうと歩くこと数分・・・登り口発見。どうやら左手の景色に気を取られ、右側の道標を
 見落としていたようでした。(T_T)/~~~
 ここから「富士見台」目指し登ります。途中、一部、道が崩れた箇所がありますがそれ以外は
 問題なく登れます。登りつくすと尾根に出て、一気に展望が開けます。
 ここからは棚横手までは登りですが景色の良い尾根歩きです。天気がよければ雁ヶ腹摺り山、大菩薩などの
 山が、振り返れば富士山、三つ峠の山々が見えるはずです。
 急な登りが続きますが、登り行くと”棚横手”に到着です。山頂には”大富士見台”の標があります。

*棚横手 ~ 甲州高尾山 ~ 大善寺
 棚横手で休憩した後、甲州高尾山に向かいます。先程の「富士見台」まで戻るとその少し先に
 「甲州高尾山、大善寺」の道標があり登って行きます。その後、アップダウンをいくつか進んでいきます。
 尾根歩きなので景色良く、気持ちが良いです。甲州高尾山の手前のピークが甲府盆地の眺めがいいので
 ここで昼食を取ることに。空に晴れ間が見え初め、気持ちいいです。
 (あとで分かりましたが甲州高尾山の山頂は展望が無く、狭いので、ここで昼食を取って大正解でした)
 昼食後、今度は大善寺を目指し下っていきます。途中にTV中継所?あり、道路を横切り下りますが
 ここから急坂がずっと続きます。急坂で道幅狭く、すこしザレでいるので滑らない様に注意して歩きます。
 今日の山行ではここの急坂続きが一番疲れました。ひたすら注意して下り、鉄塔をすぎると獣よけの柵が
 現れ、その柵に沿って歩くと扉があり、開けて行くと桜が見事に満開の場所に出ます。五所神社です。
 桜が見事で、ここから遠くの町並みが見えてきれいです。東屋で桜を見ながら休憩します。
 そして、ここを下ると大善寺です。

*大善寺 ~ 大日影トンネル ~ 勝沼ぶどう郷駅
 大善寺からは、せっかくなので大日影トンネルを回って帰ることにしました。国道沿いを歩き橋を渡ると
 新撰組組長”近藤勇”の像がありました・・・・でも、TVや教科書でみる”近藤勇”とずいぶん、違うイメージです。
 橋を左折して歩いて行くと、眼下に「大日影トンネル 」が。ここで休憩したのち「大日影トンネル」(遊歩道)に
 入って行きます。以前、使われていたトンネルがそのまま残っています。もちろん電車のレールもそのままに
 電車のトンネルなんて歩くことがないの、ちょっと嬉しい気分であること30分。トンネルを抜けると
 そこは・・・・桜満開の「勝沼ぶどう郷駅」です。
 朝、到着したときはガランとしていましたが、沢山の人が集まり、桜を楽しんでました
 晴れ間も戻り、暖かな日が指していて桜が満開! 良い景色です。
 これでゴールです。(*^_^*)

#.勝沼ぶどう郷駅から大滝不動尊までの歩きが長いですが、
その後の「甲州高尾山、棚横手」の尾根歩きは
  とても良いでした。今度は天気の良い日に是非、また登りたいですな。
 
  「なかなか、いいじゃないか”甲州高尾山、棚横手” また来るぜ!!」
でも、迷走し過ぎの一日だったな (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン