YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

赤岳に行けました!

ゆっけさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2014年9月に登山デビュー。2016年2月に雪山デビュー。
    縦走、テント泊が大好きです‼️
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1987
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/04/09(土) 16:06

 更新

赤岳に行けました!

公開

活動情報

活動時期

2016/04/02(土) 10:21

2016/04/03(日) 10:06

アクセス:367人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,196m / 累積標高下り 2,204m
活動時間9:51
活動距離21.25km
高低差1,410m

写真

動画

道具リスト

文章

先日の谷川岳でお会いした老夫婦に背中を押され、えどべりさんと赤岳登頂を計画。一泊二日で行ってきました。

初日は美濃戸口から赤岳鉱泉。そこから硫黄岳のピストン。時々晴れ間も見えるまずまずの天気☆美濃戸から道路がこおっており、アイゼンを付けた方が無難。北沢は初めて通りましたが、登山道になるまで長い道路を歩かなくてはならなく、単調でした。
硫黄岳までの登りは疲れましたが、えどべりさんに離されないようについて行きます。稜線に出ると赤岳、阿弥陀岳を間近に望むことができ、明日の赤岳に向けてテンションが上がります‼️

夕食はステーキ😋そして、ご飯とスープがお代わりし放題という太っ腹な赤岳鉱泉☆施設もキレイで明るく、評判の良さが伺えました💡

翌朝は日の出前から出発。行者小屋から地蔵尾根を登ります。雪が積もるとどこの斜面も急になるとわかっていますが、それでもやはり、疲れました。尾根に出る頃には強風になりましたが、尾根の陰に荷物を置けるスペースがあったので、そこで防寒具を着込み、山頂を目指します。

山頂は景色がなく、残念でしたが、念願の赤岳に登れました‼️こんなに早く雪の赤岳に登れたのは、えどべりさんのおかげと思っています。「赤岳きたー!」という気持ちを共有でき、満足のいく登山となりました😄

帰りは始バスに間に合わせ、温泉と打ち上げもでき、まったりできました☺️
えどべりさん、またご一緒してください☆

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン