YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

【続・雪山コラボ】赤岳登頂編2/2

えどべりさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年4月からトレッキングを始めました。
    スリリングな岩場のある山を登ることが大好きです。
    難しいルートを色々踏破してみたいです。


    【今年の秋冬でやってみたいこと】
    岩場のある山のバリエーションルート攻略‼
    雪山で北アルプス初挑戦!
    フルマラソンデビュー。

    あと最近ボルダリング始めました。
    まだまだ初心者ですが、レベルアップ目指して奮闘中?です。
  • 活動エリア:東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/04/04(月) 07:32

 更新

【続・雪山コラボ】赤岳登頂編2/2

公開

活動情報

活動時期

2016/04/03(日) 05:09

2016/04/03(日) 10:06

アクセス:327人

メンバー

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,338m / 累積標高下り 2,087m
活動時間4:57
活動距離11.43km
高低差1,434m
カロリー2466kcal

写真

動画

道具リスト

文章

いよいよ2日目です。

赤岳だけではなく、できれば阿弥陀岳にも行きたいということで、日の出前の5時に赤岳鉱泉を出発。
30分くらいで行者小屋に着き、こちらで朝食弁当を食べました。
ここで、ストックからピッケルに持ちかえ、いよいよ地蔵尾根に挑みます!

かなりの急登で体力的に本当にしんどいです。
ピッケルワークを間違えると、即滑落です。
しんどい中も、ゆっけさんは休まず登り続けます。
本当にスゴい体力です。

先行者を次々に抜かしていき、稜線に出ました。
ガスガスな上に、物凄い突風です。
ここで、バラクラバ、ゴーグルで完全武装し、赤岳にアタック開始!

岩に雪がミックスしていますが、岩や鎖を触ると、ガチガチに凍結しており、手が冷えます。
突風に煽られながらも、慎重に登り続けると、山頂の山小屋が見えました!

山頂はガスガスで展望ゼロですが、ゆっけさんと喜びを分かち合い、無事、感動を共有することが出来ました!
ただ心残りは、先行者を抜かしながら山頂に着いてしまったので、山頂で誰にも遭遇しなかったことです。
なので、山頂でのツーショット写真は、撮れませんでした。💦

岩が凍結しており、手がかじかみそうだったので、阿弥陀岳は断念し、文三郎尾根から下りることにしました。
岩場混じりの急な下りですが、ゆっけさんはさくさく下りて行きます。
あっという間に、行者小屋に到着!
無事、戻ることができました。

ここで、始発の1020のバスで帰ろうということになり、スピードハイクの装備に切り替え、南沢を下ります。
ゆっけさん先頭で行きましたが、驚異的なスピードで突進します。
アイゼンを履いててあんなに速く歩ける人は、初めて見ました‼(≧∇≦)

あっという間に美濃戸口に着き、始発のバスにも余裕で乗れました。



帰りは途中の春日居町駅で途中下車し、正徳寺温泉に寄り道。
ぬるぬるとした湯質と、35度くらいのちょっとぬるめの温度が特長の温泉です。
ぬるいので長時間入っても平気です。
一時間位入りながら、ゆっけさんとおしゃべりしてました。

その後、隣の山梨市駅まで歩いていき、駅前の居酒屋で打ち上げ🍶😆🍺です。
ビールが本当においしい(☆∀☆)



突風に悩まされながらも、先月ゆっけさんと谷川岳で交わした
「一緒に赤岳に登って、感動を共有しよう!」
という約束が果たせて、本当に充実の2日間でした。

ゆっけさん、楽しい2日間をありがとうございました‼(≧∇≦)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン