YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

八乙女山,おっちゃん達との出会い

たかさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:YAMAPを始めてから二年になります。
    皆さんの日記を、楽しく拝見し、参考にもさせていただいています。
    なかなか休みが取れず、日帰りで行かれるところがメインの山行です。
    よろしくお願いいたします。2016.11.03
  • 活動エリア:石川, 富山
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

猿ヶ山・三方山・袴腰山

2016/04/09(土) 17:10

 更新

八乙女山,おっちゃん達との出会い

公開

活動情報

活動時期

2016/04/05(火) 09:54

2016/04/05(火) 14:04

アクセス:378人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 690m / 累積標高下り 699m
活動時間4:10
活動距離8.66km
高低差579m
カロリー2091kcal

写真

動画

道具リスト

文章

休日、晴れたらどこへ行こうかなあと思っていたところ、たまたま「ゆずっちさん」の日記の美しい雪割草の写真が目に入り、八乙女山へ。雪割草は、今年も行った能登の猿山が有名だが、富山の山にもあるのか、どんなだろう?と興味津々。八乙女山は彫刻の街、井波の里山で、麓に閑乗寺公園がありそこから登山道に入る。

ショウジョウバカマを始めとした春の花がきれいに咲いていた。途中の展望台では、東側の牛岳や利賀村の山々が連なって見え、富山の山の奥深さを感じる。頂上ピ-クは二つあり751mの三角点のあるところと、町の文化財に指定されている大杉のある756mのところである。
頂上から大寺山方面へ少し行くと、風穴と鶏塚が祀られている。この風穴から大風が吹き出し、井波の町の人々は難儀をすると考えられていて、それを鎮めるためにほこらを建て、お祀りしたものだとか。

しかし、目的の肝心の雪割草が見当たらない。もう終わってしまったのか?どこか横道にそれないと見られないのか?しまった。花のある場所を、事前に調べてくる大事なことを忘れた。行けば大丈夫だろうという安易な気持ちが失敗だった。
仕方がない。。来た道を戻り、途中の東屋で弁当を広げていたところ、ファンタスティックな出会いがあった。八乙女山の主のようなおっちゃん達である。
おっちゃん達も休憩に東屋に入ってきたのであるが、「雪割草を見に来たが、見られなかった。」と話をすると、
おっちゃん「違う道や。今からワシらそっちに行くぞ。」
私「え~!ぜひご一緒させてください。」
というわけで、雪割草の咲く道へ行くことができた。

道宗道(どうしゅうみち)、蓮如上人の弟子、道宗さんが五箇山から井波の瑞泉寺へ通った道。
東屋からそちらへ周回することになった。この道が雪割草の咲く道であった。猿山では見られない紫の花もあった。おっちゃん達のお陰である。

山下りた後、瑞泉寺へも初めて行ってみた。真宗大谷派の大寺院。
道宗さんにも思いをはせながら、伽藍を見て回った。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン