YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

春真っ只中の竜ヶ岳~愛宕山(9回目)

マサヤンさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:まいどです!!
  • 活動エリア:滋賀, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

愛宕山(京都府)・三頭山・朝日峯

2016/04/06(水) 21:11

 更新

春真っ只中の竜ヶ岳~愛宕山(9回目)

公開

活動情報

活動時期

2016/04/06(水) 06:49

2016/04/06(水) 13:18

アクセス:225人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,866m / 累積標高下り 2,951m
活動時間6:29
活動距離14.52km
高低差979m
カロリー4174kcal

写真

動画

道具リスト

文章

「今日は何処に行こうか・・・」と火曜日の夜に色々と考えてていたんですが、急に考えても何も思い浮かばず・・・で、過去のレポートを見て思いついたのが今年の正月に行った愛宕山のルート。「愛宕山奥の竜ヶ岳の下りを逆ルートで行こう!!」と思い行って来ました。


清滝~サカサマ峠
スタートから月輪寺登山口を過ぎた辺りまではアスファルトが続く。川沿いなので耳の保養にはなりますが、特にどうという事は無い道です。登山口から先は車が少ないのか道は徐々に荒れて来て梨木大神へ。そこから先は更に道が荒れだし、場所によってはコンクリートの下には何もない状態が・・・サカサマ峠までは沢沿いの急登で、よく見て行かないと迷う可能性があります。

サカサマ峠~竜ヶ岳
サカサマ峠(首無地蔵)から龍の小屋まではそれまでの荒れ具合がウソのようなご機嫌な道が続く。ただ、それも20分程で龍の小屋から数百m歩くと沢が二股に分かれる。二股を渡渉するといよいよ竜ヶ岳への最後の上りが始まる。時間は30分程ですが、最後の稜線に出るまではとにかく急登・・・下りで思った印象とは違い、油断すると滑落しそうなくらい(写真で表現出来ないのがかなり悔しい)。何とか最後の稜線まで出れば道は急に歩きやすくなるんですが、逆ルートで来る人の場合、この稜線をそのまま真っすぐ行ってしまう可能性があるので写真に載せたマークを見落とさないように・・・

竜ヶ岳~愛宕山
山頂から先は、アップダウンが続きますが、雪の無い時期なら非常にご機嫌ルート。と言うのも、以前冬期にここへ来た時に強烈な雪で撤退した経験がありました・・・

愛宕山~清滝
ここで書く事はありませんが、とにかく天気が良くって気温も暖かめで最後は超ご機嫌に下りて来ました。

今回は、以前の逆ルートでの山行でしたが、竜ヶ岳の登り以外はとにかくご機嫌な一日でした。ほんの1か月前までは場所は違えど、雪まみれになりながらの山行続きでしたが今日は一転して春満開。ホントに春が来たんだと実感した一日でした。ちなみに、竜ヶ岳の上りはハードですけど、個人的にはキライじゃないルートです。。。

AM  6:49 清滝
    7:54 梨木大神
    8:53 サカサマ峠
   10:06 竜ヶ岳
   11:14 愛宕神社(昼食)
   11:52 出発
PM 12:34 大杉社
   13:18 清滝(下山)





コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン