YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

楽音寺道~箕後川・雌滝雄滝~玉祖神社のスイセン

ふぁんトントさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.2250
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:生駒山系を中心に低山徘徊を楽しんでいます。古道、廃道、鉄塔巡視路など人の少ないところを好む傾向があるようです。

    Facebookページ
    http://fb.me/2015juantonto
  • ユーザーID:142618
    性別:男性
    生まれ年:公開しない
    活動エリア:大阪, 奈良, 京都
    出身地:大阪
    経験年数:公開しない
    レベル:公開しない
  • その他 その他
生駒山・神津嶽・大原山

2019/01/12(土) 13:02

 更新
奈良, 大阪

楽音寺道~箕後川・雌滝雄滝~玉祖神社のスイセン

活動情報

活動時期

2019/01/02(水) 10:02

2019/01/02(水) 15:30

ブックマークに追加

アクセス

356人

文章

廃道となって久しく、通過困難だった楽音寺道は、今やハイキング道レベルで歩きやすくなりました。モノレール小屋までのルートは、まったくヤブ漕ぎなく歩けます。なんとなくイノシシの気配も減ったような、減ったどころか皆無でした。冬季限定のお楽しみコースです。

横小路道(箕後川渓谷)は、昨年の冬に完全復活していましたが、やはりというか、当然ながら台風21号の被害を受けています。横小路バス停から登ったことがなければ、道の全貌は分かりません。特に大堰堤付近の巻き道に不安を感じていました。途中でお会いした猛太さんの話によると、大堰堤を越えたナメ滝付近の地形は、かなり影響を受けているものの、通行には問題ないようです。

雌滝手前からの右岸巻き道は、全く問題なく通行可能で、草刈りも実施するとのこと。左岸から雌滝を見ながら雄滝へ向かうルートは、途中の湾曲杉の通過に危険が伴います。「危ない」と思ったら引き返して、右岸側からアプローチしましょう。道の様子は刻一刻と変化します。いつも同じ状態とは限りません。それを「安全だ」とするのは、とても傲慢な考えだと今回痛感しました。

今年のテーマは「謙虚と大胆」 自然の中では、常にちっぽけな存在であると「謙虚」に自覚し、危険に対しては「大胆」に行動します。「謙虚」に対極する言葉は、「傲慢」ではありません。「大胆」です。難しいテーマですけれど、一年最初の活動日記に誓いを立ててみました。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間5時間28分
  • 活動距離活動距離9.63km
  • 高低差高低差378m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り628m / 630m
  • スタート10:02
  • 5時間28分
  • ゴール15:30

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン