YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

岩手山(登り~八合目小屋泊)

an(アン)さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:幼少の頃から釣り一筋で自然との対話を楽しんできましたが、2015年春渓流釣りの再開からYAMAPを知り、みんなの活動日記を見ているうち僕も山に登ってみたくなり始めました。
    元々写真が好きで、今では「写真を撮るための山行きスタイル」になっています。
    Toy's Member。岩手県大船渡市在住。
  • 活動エリア:岩手, 秋田
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:岩手
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

岩手山・八幡平・三ツ石山

2016/04/12(火) 07:36

 更新

岩手山(登り~八合目小屋泊)

公開

活動情報

活動時期

2016/04/09(土) 09:34

2016/04/09(土) 14:55

アクセス:827人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,714m / 累積標高下り 575m
活動時間5:21
活動距離4.60km
高低差1,175m
カロリー2583kcal

写真

動画

道具リスト

文章

GPV気象予報では日曜朝は良い天気になるようだったので、ご来光が見られるかもしれないと思い、八合目小屋に泊まることに。
泊となるとそれなりの装備が必要なんだけど、予定していた装備がいつも使っている35リッターのザックに入らないことが判明し、急遽装備減らし(笑)。
三脚は超小型に、マットは持たない、ゴーグルも要らない、極寒用の手袋も却下で、寝袋と食料追加だけの最小限となってしまった(笑)。

登山道のどこが何合目と言うことは良くわからないけど、大まかに言うと2.5合目辺りから雪があります。
本格的には5合目辺りからかな?結構、雪が腐っています。

7合目あたりからクラストが見え始めアイゼンを装着。風も強くなりました。

8合目小屋に着いたときはまだ曇っていたが、少し休んでいたらみるみる快晴になった。
こんなチャンスはそう無いだろうと、ザックを小屋にデポし散歩に出かけて写真撮りまくり。
日没後すぐに就寝しました。

シーズン中であれば、管理人が常駐しストーブがあって暖かいらしいですが、今はオフシーズンの為無人です。ストーブもありません。
ただし、大きな声で言えないけど、毛布と枕は使い放題です(笑)。
シェラフの下に2枚、上に3枚で寝ましたが全然寒く無かったです(下着姿で)。
この日泊まったのは他に一人だけ(男性ですよ)。
爆風の音を聞きながら、晴れるのを期待して長い就寝タイムとなりました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン