YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

サバノオとオキナグサ

konyさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:20年前には子どもと一緒によく登っていました。雪の久住、早春の経ヶ岳で迷って遭難しそうになったことも今ではいい思い出です。
    コレステロールと高脂血症の対策を兼ねて、また登り始めました。お花を探しながらのゆっくり登山です。無理なく登れる山のお花の情報を探しています。
    「夫婦で山歩き」私たちのブログです。http://blog.goo.ne.jp/runner524
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

天拝山・基山

2016/04/10(日) 07:55

 更新

サバノオとオキナグサ

公開

活動情報

活動時期

2016/04/09(土) 14:32

2016/04/09(土) 15:02

アクセス:284人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 238m / 累積標高下り 252m
活動時間0:30
活動距離1.01km
高低差95m
カロリー233kcal

写真

動画

道具リスト

文章

先日井原山でトウゴクサバノオを見てから、サバノオが気になってしょうがない。

サバノオを見たい! 見たい! と思って、調べていたら
「エイザンスミレの咲く山のサバノオを見に行きました。」というリーフさんの記事を見つけた。
http://blog.goo.ne.jp/nonachi2234/e/5752a170d8604f24873154f9187553a3

あの山かも?と思いながらも初めは自信がなかったが、
時間がたつにつれ、あの山に違いない!
あの山だ!あの山でサバノオを見たい!と思うようになり
あの山にサバノオを探しい行ってきた。

登山口でシャガをみる。春を実感した。
山に入ってすぐに、すでに花期を終え実を結んだショウジョウバカマが出てきた。
この山にくればどこよりも早くショウジョウバカマの花が見れそうだ(^^)
次はサツマイナモリ。数多く、次々に出てくる。

しばらくすると、清々しい流れが出てきた。
記事と同じ景色、この山に間違いない!

サバノオ、サバノオと言いながら進む。
見逃さないようにゆっくり、ゆっくり周りを確認しながら進んでいく。
あまりに遅いので、70代と思われるご夫婦に道を譲ってしまったほど。

ユリワサビ、コガネネコノメソウ、タチネコノメソウ、タチツボスミレ、ジロボウエンゴサク、ヤマユリソウ、…
記事の通り。いろんな花が出てくるが、サバノオは見つからない。

ないな~と思いながら、ゆっくり、ゆっくり、進んでいると…

あった。

サバノオに違いない。トウゴクサバノオと同じ形。色は違うが、同じく可愛い花♪
最初に見たのは枯れ葉色、茶色い葉っぱだったが、上の方に行くと緑色の葉っぱが出てきた。
不思議♪

トウゴクサバノオの大きさが頭に残っていて見逃さないようにと注意深く登ってきたが、
トウゴクサバノオに比べると数倍は大きい。この大きさだったら見逃すわけがない。もっと早くたったっと登ってきても良かった。

サバノオを見つけた後は、安心して、気軽に山頂まですすむ。
尾根道は気持ちよく、早春の黄色い花~シロモジが色鮮やかだった。

山頂にはスミレが数多く咲いていたが、エイザンスミレを見つけることができなかった。
スミレはいっぱいあったが、タチツボスミレとエイザンスミレは見間違うわけがないし…

登りで時間をかけすぎたので山頂であまり時間をかけられない。
次の予定が待っている。ということで、仕方なくエイザンスミレ探しは諦めて下山した。

サバノオの山から下山した後は、次の予定、
皆さんご存知のオキナグサが群生する近くの山へ移動。
オキナグサを観賞して帰宅した。

今日はサバノオを見ることができ、よかったよかった!
と思うより、エイザンスミレを見つけきれなかったことが残念でしかたない。
今度は、エイザンスミレが見たくなった。
来週、探しに行こうっと(^o^)/

8時03分自宅発、9時20分サバノオ登山口9時27分、11時40分山頂12時10分、13時40分サバノオ13時45分、14時30分オキナグサ登山口、散策、15時00分登山口15時05分

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン