YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

羅臼岳この時期は厳しい。

NAMIEMITSUOさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:登山を始めて丸2年です、基本ソロで行動してます。百名山の北海道9座制覇を目標に頑張っます。あと羅臼岳、幌尻岳、斜里岳で達成ですが先日、今年、連続で羅臼岳と幌尻岳にチャレンジして失敗しました、今年中に踏破しようと思ってましたが、来年まで、持ち越しになりそうです。早く3000m級の山にチャレンジしてみたいです。北アルプス方面に行きたいと思ってます。最近は、脚力の強化にジムに行ってます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

羅臼岳・硫黄山(知床)・羅臼湖

2016/04/14(木) 23:00

 更新

羅臼岳この時期は厳しい。

公開

活動情報

活動時期

2016/04/09(土) 06:10

2016/04/10(日) 09:32

アクセス:638人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 975m / 累積標高下り 995m
活動時間27:22
活動距離7.48km
高低差585m
カロリー3581kcal

写真

動画

道具リスト

文章

4/8午後20:30苫小牧自宅出発
4/9午前4:30羅臼到着
4/9午前6:20熊の湯駐車場から登行開始
4/9午後12:00第2の壁手前で予定の泊場まで行けない為、撤退決定。
4/9午後15:30ハイ松原まで戻りテント設営
4/10午前6:30テント撤収
4/10午前7:00下山開始
4/10午前9:30熊の湯駐車場に下山。
4/10 陶灯りの宿 らうす第一ホテルに宿泊
4/11 自宅に無事帰宅。

撤退反省1、この時期は雪がザラメ状で緩んでおりスノーシューでも踏み抜き
      が激しく体力を奪われる。(体力不足と減量が必要。)
撤退反省2、雪崩と落石が多発しており、危険と判断。
      第一の壁付近で小規模な雪崩を見る、岸壁の氷も解けて岩が緩み
      落石が多い、身の危険を感じる。
撤退反省3、冬の装備に難あり、軽量な装備を準備する必要がある。
      バックカントリーも視野に入れ装備の準備。
      シュラフの軽量、水分を現地調達出来る装備を準備する。
結果、今年の無積雪時に一度チャレンジして偵察し、来年3月位に再度、積雪時登頂を
   試みる。冬は登頂ルートの目印(ピンクテープ等)が殆ど無くGPSと地図読みでの
   ルート取りは時間を要するため、夏に一度ルート確認で登頂が必要と判断。
   

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン