YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

元気です 西赤石山~東赤石山縦走

ソーヤさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:気づいたら
    ありゃ3年目(・∀・)

    あんなことやこんなこと。
    昨日の事のよーです。

    今年も手を変え、品を変え、
    YAMAP込みの山行、満喫いたします。

    みなさま
    あたまユルユルのおぢちゃんですが
    ヨロシクお願いいたしやす。
  • 活動エリア:高知, 愛媛, 徳島
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:高知
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

笹ヶ峰・赤石山

2016/04/11(月) 14:04

 更新

元気です 西赤石山~東赤石山縦走

公開

活動情報

活動時期

2016/04/09(土) 06:18

2016/04/09(土) 16:55

アクセス:1027人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,644m / 累積標高下り 1,757m
活動時間10:37
活動距離14.76km
高低差1,039m
カロリー3928kcal

写真

動画

道具リスト

文章

日曜の朝、バキバキと身体の痛みで目が覚める。
いてて。昨日はよう歩いたな。
もう少し寝ていたいが目が覚めてしまってはしょうがない。
昨日の事を反芻しつつ身体をほぐしに南嶺散歩。

■プロローグ
始まりはモリヤンからのLINE。
今度西赤石山から東赤石山に縦走縦走しませんか?
四国の赤石山系、特に東赤石山の一帯は岩陵の山。
四国の人間がアルプスを行く前に一度は赤石山系を縦走しておきなさいと言われている険しい岩陵の縦走コースだ。
確かに魅力的なお誘いだが誘ってきた相手がもりやん。
即、「ふ・ざ・け・る・な」と返信しようとすると「ライスさんも参加します」の一文が。
…。
「もちろん参加させていただきます。」と返信。
こうしてビッグイベントが始まった。

■久しぶりー
基本的に自分の山行は半身浴のようなぬるい登山がメインだったうえに、すっかり鈍ってしまった身体。
ライスさんにヘタレな場面は見せられない。
これは少々鍛えないととてもついて行けないとXデーに向けてコソ練を始める。
勿論、脳内BGMは「アイ オブ ザ タイガー」。

そして当日を迎える。
メンバーは、モリヤンさん、タヌキさん、Veryさん、ライスさん、しばてんさん、ソーヤ。
ついて行けるのか不安しかない(笑)

スタート時間の30分前には全員準備完了。ある意味ここにいる全員キレてます。

そして思ったとおり、ややハイペースで縦走が始まった。

■来たよー
近代産業遺構の中を通る銅山越えまではあっさり通過すると、西赤石山までのいやらしいアップダウンが続く。
久しぶりに背負ったザックが少々堪える。
しかし、もりやんと自分がいるのにもかかわらず何故か天気が良く霞がちだが眺望が良いいので救われた。
そして、物住頭を越えると本日のメインイベント岩陵帯が目の前に広がってくる。
西赤石山から東赤石山までの間に前赤石山と八巻山というアルパイン的な二座があり、岩場好きににはヨダレ物のコース。
ただ体力的にも難易度的にも、それなりに高いので自信が場合はパスしても問題ない二座なのだが、このメンバーで外すわけもなく当然のように前赤石山へと突き進んで行く。
普段好んで高い場所へ行きたいわけでもない自分だが、楽しい。
いや怖い。でも楽しい。
どんどん気持ちが高揚してくる。
北アルプスもこんな感じなのだろうか。

■順調ー
順調に前赤石山をクリアした我々一行は八巻山の分岐でしばし相談タイム。
稜線をそのまま八巻山へ向かうか赤石山荘経由で東赤石山向かうかの二択だったが、昼も近いので赤石山荘で大休憩をとるべくココは珍しくモリヤンが折れる形となった。
トラバース道から見上げる八巻山への稜線はかなりのパンチ力。
ホッと胸をなで下ろす。
しばしのランチタイムののち八巻山へルート相談。
いや相談ではないな。モリヤンの独断でモリヤンにしか見えない直登ルートで八巻山へのサミットプッシュが決定。
どうりでトラバース案あっさり引き下がったはずだ。
油断できない男、モリヤン(笑)

■やったー
ココまでの縦走で驚きなのは、やはりライスさんの健脚ぶり。
なんとなく「歩けるわよ。私は」的なオーラを感じていたので納得の展開。
いよいよ最後のサミットプッシュ東赤石山。
前赤石山、八巻山の後なので余裕でクリアできた。
地図上の山頂と三角点の山頂のふたつがあるピークだが、間違いなく三角点の方がオススメ。
全ての苦労が報われるパノラマビューなのだ。

しばし休憩のあと下山開始だが、高度差1,000mの激下りに加えてゴロゴロガレ場の悪路プラス気の抜けないボロボロの橋が待ちかまえていた。
さんざん酷使したあとの足には十分すぎるくらいの試練。
某ブログによると下山で3時間かかったそうな。
いやいや最後まで楽しませてくれます赤石山系。

なんとか全員無事下山したのは午後5時近く。
今回のMVPは文句なしでナイスプラン&ナイスガイドのもりやん。
何しろみんなには見えないルートが見えるんですもの(笑)
皆さんホントにお疲れ様でした。
楽しかったー!第3回も参加させてくださいねー。

■ひたるー
前日の山行に浸りながら深谷から登って烏帽子山ピストンで帰ろうかと思っていたが、岩岩の感触が忘れられなくてライオン岩方面につい足が向く。
ライオン岩の近くには、自分が子どもの頃よく遊んでいた岩岩広場なる場所がある。
なだらかな丘に突きだした大岩群は格好の遊び場だった。
今日は幸い子どもたちの姿は見えずのんびりと我が街を見渡す。
疲れてはいるが、むしろ満足感で心地いい。
久しぶりの山行を反芻しつつ休日の午後を里山で過ごす。
いいな。

これでまた来週からがんばれる。

いっしょに遊んでくれたメンバーのみなさんありがとう。
拙い長文を読んでくれたみなさんありがとう。

まだまだ忙しい日々で、マイペースなアップになるかもしれません。

なんやかんやありますが

僕は元気です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン