YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

【残雪期】南八ヶ岳【西岳・編笠山】富士見高原より周回

アキラさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:YAMAPは2015年5月より利用開始しました
    それより前の活動記録はブログにて公開中しています
    https://goo.gl/xCQD4j

    山登りは2015年1月頃から始め、土日の天気が良い日は気になる山を徘徊していますが、登山というよりは山歩きです。

    「山行の際に参考!しているサイト」
    せんてんすくらぶnet
    https://goo.gl/mS0rbc

    「今日という日を忘れずに」
    https://goo.gl/Z2MwHm
    「登山百景」
    https://goo.gl/gmhzOM
    「晴れ×時々×登山」
    https://goo.gl/R9EZcj
    「山登りに行きたい!」
    https://goo.gl/UjAQqj

    日頃のお山の天気予報はこちらでチェック
    https://goo.gl/ukDJsj

    頂上動画Youtube
    https://goo.gl/gQzQlu

    所属している会のHP
    《稜朋会》https://goo.gl/ERcqby
  • 活動エリア:東京, 埼玉, 山梨
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:東京
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/04/10(日) 17:31

 更新

【残雪期】南八ヶ岳【西岳・編笠山】富士見高原より周回

公開

活動情報

活動時期

2016/04/08(金) 07:35

2016/04/08(金) 16:56

アクセス:314人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,333m / 累積標高下り 1,360m
活動時間9:21
活動距離11.50km
高低差1,206m
カロリー6243kcal

写真

動画

道具リスト

文章

心境の変化・テンションの強弱(矢印三段階)

--山行前(出発前東京にて)--
【↑↑↑】 雪の八ヶ岳に行けるなんて夢みたい(ワクワク!)

--現地登山口到着--
【↑..】 遠くから見ると全雪なさそう 溶けちゃったの?しかも平日で人気が全くしないけど・・・

--登り始め樹林帯--
【↑↑↑】苔むした岩・深い緑・大きな岩・残雪もチラホラ見えてきた

--標高2100m付近から--
【↑↑.】登山道がアイスバーンになってきた!先ずは10本爪の軽アイゼン装着!

--西岳山頂--
【↑↑↑】南アルプス目の前ドーン 富士山も見える!乗鞍・中央アルプスも見えまーす!

--西岳~青年小屋(樹林帯)--
【↓↓.】雪が思った以上に深くて、気温が高いため踏み抜く回数が増えて進まない・・・軽アイゼン外れる!
    12本アイゼンに変更

--青年小屋前~編笠山--
【↓↓↓】小屋の前には誰か居るだろうと思ってきたのにし~ん!誰も居ない!小屋前から編笠山方面は大岩だらけで
     アイゼンのままでは進めず、一旦取り外すけど、雪面では滑り、踏み抜く!

--編笠山山頂直前--
【↓↓↓】 再びアイゼン装着するも、両足を股まで踏抜きどーやって脱出すればいいのかわからず呆然と固まる

--編笠山山頂--
【...】登頂できたのは素直に嬉しいけれども、停滞すると風が強くてメチャクチャ寒いし、岩だらけなので又々アイゼン
    外す 山頂で食事という雰囲気には全くならない 展望は最高 不安と嬉しい気持ちが入り交じる

--編笠山より下山--
【↓..】岩場はノーアイゼン 樹林帯アイスバーンなのでアイゼン装着 アイスバーン下りは初体験なので怖い

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

勤務先の勝手な都合で、金曜日に有給休暇が取れることになったので、前々から行ってみたかった南八ヶ岳・編笠山に一人で行ってきました。 ここ数日温かい日が続いていたので、雪が残っているか不安でしたが、その心配は杞憂に終わり、残雪の雪山を楽しむ事が出来ました(←結果論)

--自省を込めて反省点--

□スパッツを面倒臭がって装着しなかった。踏み抜いてからでは遅いと悟った。
□水分は十分持っていったが、温かい飲み物は持参しなかったが必要だった。
□軽アイゼンの長さの調整を別の靴で固定していて、今回履いた冬靴には微妙に合っていなくて結果外れた。
□標準コースタイムはあくまでも無積雪の時間で、雪道は余分に時間がかかることを考えていなかった。
□誰にも会わず、家族にも行き先を告げていなかったので、最低限登山届は出すべきだと感じた(万が一のため)

ここまで長々と読んでくださった方へ 拙い文章にお付き合いしていただき誠に有難うございます。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン