YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

飲み会の翌日はまったり伊吹山

のせっちさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:中学・高校時代は自転車ツーリング、大学時代はバイク、キャンプは学生時代からずっとしよります(^^)
    数年前からソロキャンプメインとなり、暇つぶしに近くの山に登ったら、楽しゅうなってしまいました~!
    マイカーが荒れた道に入るのが無理やき、今んとこアプローチが容易な山ばかり攻めよります(^^;)
    四駆欲しい~
  • 活動エリア:高知, 徳島, 愛媛
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

石鎚山・堂ヶ森・二ノ森

2016/04/13(水) 07:20

 更新

飲み会の翌日はまったり伊吹山

公開

活動情報

活動時期

2016/04/09(土) 12:52

2016/04/10(日) 13:50

アクセス:570人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,736m / 累積標高下り 2,747m
活動時間24:58
活動距離15.02km
高低差779m
カロリー14257kcal

写真

動画

道具リスト

文章

連日の残業と金曜は職場の歓送迎会のため、YAMAP愛媛モリヤンさんからお誘い受けた早朝スタートの赤石縦走も早々におことわりすることに。
土日のハイクは、可能ならキャンプホームの甫喜ヶ峰へ大型ザックのテストも兼ねて土曜の午後からJRでゆっくりテン泊でも行こうかと思ってたところ、くりきんさんから"昼頃スタートOKなのでシラサ避難小屋泊で伊吹山へ行きませんか"との絶妙なお誘い。
ということで、宴会小屋泊ハイクと相成りました。
赤石縦走お誘いしてくれたモリヤンさん、ごめんなさい…<(_ _)>

■ハイクの準備
上にも書いたように、金曜の夜は飲み会。
なので全く何も準備してませ~ん。
ということで、人生初めて飲み会の帰りにスーツ姿で、閉店前のスーパーに立ち寄ったのでした(^^;
メニューも手の込んだことは考えず、ちゃっちゃとできる焼肉に決め、国産のまあまあ上等な牛肉を購入。
くりきんさんも肉好きやし(笑)
荷造りは当日の土曜。
だらだらと10時頃までかかってしまいました。
しかし荷物が重いぃ。75Lザックをヘルスメーターで計ったらなんと15.4kgもあるやん…

■集合
くりきんさんとは、いの町本川庁舎で待ち合わせし、そこから白猪谷オートキャンプ場へ車を飛ばす。
途中、白猪谷バンガローを起点に迷ったけど、分県ガイド推薦ルートを選択。
オートキャンプ場の駐車場で、私は食パン、くりきんさんはカップ麺のとりあえず昼飯。

■白猪谷オートキャンプ場→シラサ避難小屋
スタートは、ほぼ13時。
オートキャンプ場からバンガローまでは渓谷沿いの整備された遊歩道を歩きます。
この間の景色は本当に素晴らしい。渓谷の川の色がす~っと透明で、もう観光気分。
バンガローを過ぎ、林道を少し歩くと登山口の標識が。
この先すぐにある作業用モノレール沿いに登山道があったものの、それに気づかず直進。
テープも全く見当たらず、砂防ダムでワサビ採りしていたハイカーご夫婦にルートを尋ねると、沢沿いを行くしかないよとの返答。
その言葉を信じ、道ない沢沿いを突き進むもやっぱりテープも踏み跡も全く現れず。
迷いながら上方へルートを巻きGPSで確認すると、登山道の線上にほぼ自分達はいるのになぜ道がないのよ~と焦っていたところ、すぐ上方にハイカーが通っているところをくりきんさん発見。
なんとか登山道に復帰できたのでした(^^;
その後林道と合流、再度整備された樹林帯を抜け、ワサビ田で小休憩。
ワサビ田を左に巻く感じで自然林の中を徐々に登る。
最後の方は、登山道もつづら折りとなり、この辺りでシャリバテ&ザック加重バテ。
もっとしっかり昼飯食べておけばと激しく後悔(T_T)

■シラサ避難小屋で泊まる
今回の目的は、ザックテスト・まったり宴の小屋泊。
私もくりきんさんも、各々料理を作りあって缶チューハイとワインで乾杯!
小屋では2階を独占し、調理の際出る煙も窓から排煙。他のハイカーさんにはご迷惑掛けず。
なんせ、焼肉の時は、大阪鶴橋のように煙モクモク。

■伊吹山
このお山。すぐ近くに瓶ヶ森林道が走っているため、超~アプローチ容易な山。笹は多いけど…
山頂も結構広く、ご来光を浴びるなら最高かも。
石鎚山も瓶ヶ森もよく見える。

■今回のチェック
①小屋・テン泊するには食料の軽量化は必須と痛感。
 でも、くりきんさんとのペアでは無理かも(笑)
②今回のルートは渡渉箇所が多く、水補給がいたる
 ところで可能。水は途中の沢で入れましょう。
③伊吹山の山頂標識は、真二つに割れてます。
 両手で持って写真撮ってもらいましょう。
④白猪谷オートキャンプ場~バンガロー間の遊歩道
 からの景色は最高!

★私が写ってる殆どの写真は、くりきんさんの撮影です。
 くりきんさん、ありがとうございました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン