YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

いざっ( ̄^ ̄)ゞオッタテ尾根へ!! 五頭山

ユウさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:へなちょこハイカー代表です(ฅ•̀ㅁ•́ฅ)✨
    へなちょこ登山部とは
    その1:汗っかきですぐバテる!
    その2:歩くスピードは超ゆっくり。コースタイムより速くは歩けない!!
    その3:階段・急登攻撃苦手。岩場、渡渉でビビっちゃう!!
    その4:お花や綺麗な景色大好き💕
    その5:へなちょこだけど山登りは大好き💕💕
    上記の条件を満たしたハイカーの集まりです。

    お花登山部もあります(=゚ω゚)ノ✨
    難しい事は考えず、楽しくお花ちゃんと遊び写真を撮ったりお話をする!!活動を行なっています。

    興味のある方は是非ご覧になってください(o^^o)




  • ユーザーID:334860
    性別:女性
    生まれ年:1983
    活動エリア:新潟
    出身地:新潟
    経験年数:5年未満
    レベル:初心者
  • その他 その他
五頭山・菱ヶ岳・宝珠山

2019/01/14(月) 09:39

 更新
新潟

いざっ( ̄^ ̄)ゞオッタテ尾根へ!! 五頭山

活動情報

活動時期

2019/01/07(月) 05:54

2019/01/07(月) 14:47

ブックマークに追加

アクセス

605人

文章

五頭山のオッタテ尾根。
昨シーズン、スーパー山ガールのるんちゃんが五頭山の冬季プチバリエーションルートとして紹介していました。そのレポートを読んで、
・・・バリエーションルート( ̄ー ̄)ノ" へなちょこハイカーには縁はない。
と当時は思っていました。

しかし今シーズン。山仲間のyosiのさんより、
「オッタテ尾根行ってみたいよね〜(๑•̀ㅂ•́)و✧」
とご提案が!!
・・・へなちょこハイカーにはムリ〜ヾ(・ω・`;)ノ
との思いとは裏腹に、オッタテ尾根が少し気になる自分もいました。
るんちゃんのレポートを再度読み直し、青空に真っ白な雪原。三ノ峰コースとはまた違った世界。そこをモフモフする、るんちゃん。
行ってみたい(๑•̀ㅁ•́ฅ✧ ✨の気持ちが遂に勝ちました。
ここからYAMAPでのレポート探し💦しかし、今シーズンにオッタテ尾根を取り上げたレポートは無く、昨シーズンに下山に歩いたと思われるレポートがあったので軌跡をダウンロードしました。

さあ、いざオッタテ尾根へ!!と思いましたが、ちと待てよヾ(´゚Д゚`;)ゝ エーット・・・そう、今年は雪が少ない。冬季のプチバリエーションルート。という事は、雪が無ければ藪藪ルート。
yosiさんより、取り付きが難しかったら三ノ峰コースにしよう。との条件で行くことにしました。

るんちゃんのレポートによると、オッタテ尾根には2つの核心があるとの事でした。
1つ目が渡渉後の尾根へ取り付く急斜面。
2つ目が450m手前の急登。
と説明されていました。
・・・本当に大丈夫だろっかヽ(;▽;)ノ💦
しかもハードラッセル。不安だらけでしたが、自分を信じ頑張ってみることにしました。

今回のメンバーは山の師匠yosiさん。
塩見岳以来だね〜(=゚ω゚)ノ✨カトウ君。
はじめまして(*ノ3ノ)HMDさんです。
皆さんバリバリの山男!!プラスへなちょこハイカー1名(;゜0゜)💦です。
タイムはへなちょこタイムに合わせてもらい、朝6時スタートです。

菱ヶ岳の駐車場。想像以上に雪がありません。
・・・やっぱ無理かなぁ〜( ̄O ̄;)💦💦
心配しながら歩き始めます。
オッタテ尾根入り口は、どんぐりの森へ向かう橋の手前で右側に入ります。(ここは以前にどんぐりさんに教えてもらったので何となく分かりました。)
雪は少ないです、一部土が見えている箇所も。
歩き始めて割とすぐに、沢が現れました。
・・・えっ(ll゚Д゚ノ)ノ💦ここ渡るの⁇⁇
真っ暗闇に不気味な音をたてながら、沢がありました。もちろん橋などありません。渡渉が苦手な私にとってはここが第1の難関です。
yosiさんが先に渡ります。続いてへなちょこハイカー💦
・・・おっかねて〜ヽ(;▽;)ノ💦どこ足置けばいいの⁇
真っ暗闇で半泣き状態。数足沢に浸かりながらも、第1の難関クリアです。
するとすぐに、第2の難関が目の前に現れます。るんちゃんも言っていた1つ目の核心、尾根への取り付きです。雪の壁との事でしたが、、、
・・・土出てるじゃん( ̄◇ ̄;)💦💦
雪と土混じりの壁です。yosiさんも苦戦。
・・・これこそへなちょこムリ〜。゚(゚´ω`゚)゚。💦
しかし行きます。土を蹴り込み、足場を確保。何度かずり落ち枝にしがみ付き登りました。
もうここまで来ると、後戻りはできません。みんな尾根へ無事取り付き、やっとオッタテ尾根の山旅スタートです。

尾根に入っても急斜面は続きます。雪は少ないのでつぼ足です。だんだん暑くなりしっとり汗。
・・・早く脱皮したい(ノ;・ω・)ノ💦
しかし、脱皮できるような平坦な場所も無く急登をゆっくり進みます。
やっと急登を登りきり、やっと脱皮✨ここでスノーシューも装着します。
・・・モフモフタイムスタートよd(*ゝωб*)✨
まだ慣れないスノーシュー歩き。yosiさんはどんどん先を進み、私はあっという間に引き離されます。
yosiさんのトレースをみながらひたすらモフモフ。ずり落ちて、転んで、雪まみれヽ(;▽;)ノ💦
急登モフモフは大変です。

途中、ナイフリッジがあるとの事でしたが雪が少なく、雪道のヤセ尾根といった雰囲気でした。ここは、楽勝で通過ヽ( ゚ 3゚)ノ✨
標高を上げるにつれ雪も多くなってきます。木々は雪をまとって美しい(๓˘▽˘๓)💕変わりゆく山の景色に、しばしウットリしながら歩きました。
そう、最初は・・・

・・・意外とイケるかも⁽⁽ ◝(´꒵ `◍)◟ ₎₎✨
しかし、オッタテ尾根。そう甘くはありません。
そう、雪をまとった木々たちです。最初は美しいて〜✨なんて眺めていましたが、まとった雪が増殖したいくと、それはもう恐ろしいモンスターのような姿に∑(๑°口°ll๑)💦
しかも、中途半端に雪に埋もれた木々は、行く手を塞ぎます。
トンネルモンスター!
通せんぼモンスター!!
足引っ掛けモンスター!!!
スノーモンスターは四方から襲いかかってきます。
・・・もうo(`ω´ )o💢邪魔しないでよ!!
木々を掻き分けながら+ラッセルヽ(;▽;)
藪漕ぎとラッセル。私の苦手な要素ぎっしりの登山道が続きます。
そしてモンスターが吹き付ける雪で全身雪まみれ(−_−;)💧こんな必死に雪にもがいている私達。しかし、ふと脇を見ると三ノ峰コースの尾根が見えました。一ノ峰には人の姿も見えます。
・・・お〜い(๑›ω‹๑)੭💦
一ノ峰の方々に手を振ってみましたが、誰も気づきませんね。

雪と藪に格闘しながら進むオッタテ尾根。ようやく終わりが見えてきました。そう、菱ヶ岳と五頭山を結ぶ縦走路に出たのです。
・・・やった〜ヽ(。>▽<。)ノ✨これで快適登山道だ✨✨
と喜んだのも数秒。オッタテ尾根同じ、、、いや、それ以上にパワーアップしたスノーモンスター達が行く手を塞いでいました(@ ̄□ ̄@;)!!!💦全く快適縦走路ではありません。
ラッセルしながモンスター達と戦い、へなちょこハイカーはヘロヘロヽ(;▽;)半泣き状態です。

文句を言いなが歩くこと1時間半。やっと三ノ峰コースの分岐点に出ましたヽ(。>▽<。)ノ💦💦
そこには素晴らしいトレース✨快適登山道に突入です。トレースの有難さを感じながら歩くことしばらく。五頭山本峰に到着しました。本峰までここまで時間をかけたのは初めて(ノω=`)✨✨標柱は雪で埋まっていましたが、苦労してたどり着いた山頂は最高ですヽ(;▽;)ノ✨✨
皆んなで記念日。お昼もとっくに過ぎていたので急いで三ノ峰へ向かいます。
三ノ峰の山小屋でお昼ゴハン。ここまで来たら、安心感からか疲労がどっときました。

あとはトレースを辿って下山するだけ。下山はアイゼンを装着し歩きました。カトウ君はトレースに沿ってヒップソリヽ(o゚ω゚o)ノ=3=3=3楽しく歩き&滑ります。
登山口付近は雪がカチカチ❄️アイゼン、チェーンスパイクあった方がいいですd( ̄  ̄)
無事戻ってきました。yosiさん曰く、予定していた時間よりも大幅オーバーしてしまいましたが、へなちょこハイカーの私にとっては想定内。下山後もしばらく達成感に浸っていました(*´ρ`*)ホワワーン✨

どんどん楽しくなってくる雪山✨
今月末の大イベントに向けて、コツコツとトレーニング頑張ろうと思います(ฅ•̀ㅁ•́ฅ)✨✨

あっ💦ちなみに、るんちゃんが言う2つ目の核心、450m手前の急登・・・へなちょこハイカーにはよく分かりませんでした。
全てが急登ですε-(;ーωーA フゥ…

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間8時間53分
  • 活動距離活動距離8.71km
  • 高低差高低差723m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り826m / 809m
  • スタート05:54
  • -
  • 登山口05:54 - 06:04 (10分)
  • 5時間54分
  • 五頭山11:58 - 12:14 (16分)
  • 9分
  • 前一ノ峰12:23 - 12:32 (9分)
  • -
  • 一ノ峰12:28 - 12:37 (9分)
  • -
  • 二ノ峰12:35 - 12:44 (9分)
  • 1時間48分
  • 登山口14:32 - 14:32 (0分)
  • 13分
  • 登山口14:45 - 14:45 (0分)
  • 2分
  • ゴール14:47
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン