YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

無意根山

naotoGSさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:札幌の山を中心に活動し、時折遠征して山登りを楽しんでいます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

札幌岳・余市岳・砥石山

2016/04/10(日) 21:36

 更新

無意根山

公開

活動情報

活動時期

2016/04/10(日) 06:28

2016/04/10(日) 15:44

アクセス:228人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,377m / 累積標高下り 1,382m
活動時間9:16
活動距離19.32km
高低差1,130m

写真

動画

道具リスト

文章



登りは3人
山頂で4人
下山はひとり

友人と行先を調整して無意根山に決定。
天気のいい薄別登山口からアプローチ。うん、このまま晴れてくれればいいのだけど、予報は午後から曇りがち。とことこ林道歩いて宝来沼。まだ全面結氷ですが、端のほうはそろそろ融けてきたかな?さらに進み宝来小屋到着。すっぽり雪に埋まってます(-.-) 今シーズンはニセコ方面が少な目な降雪でしたが、こちらたっぷり降ったらしく売るほどありました(^o^)/

友人二人は山スキーでした。自分はいつものスノーシュー。そして登り速度はそんな変わりないんですね。ただ、急な登りは不得手らしくジグ切ってました。もっとも下りは軽くブッチされるけどね。

下山してくる北大山スキー部の面々と挨拶を交わして、無意根ヒュッテに到着。外装の改修工事を済ませたのか黒光りして立派になってました。まだまだ先はあるので軽く食べる。ん~どら焼きウマし!コーヒーで頂きました。


ここからどうアプローチするのか悩みどころ。地形図見ながら適当に登り始めましたが、ヒュッテ手前で左にアプローチするのが正解だったのかも?3人で急登はヘロヘロでした。
モンスターは徐々に消失気味ですが何とか残ってました。

そして山頂到着!
ソロの男性がいて、よく見るとku-taさんでした!
2月の漁岳縦走以来でした。
聞くと、中山峠からの縦走で無意根ピークから長尾山経由で元山へ向かうとのこと(@_@;)
うひー一体何キロ歩くの?とても真似できましぇん!!

4人で集合写真撮ってそれぞれのルートへ向かいました。
友達二人の滑りを撮影し、G君とリカちゃんはそのまま下山。気を付けてね~

そしてソロの下り旅の始まりです。
違う林道に入ろうと思ってトレースが無いルートを辿ってたら、交差するように踏み跡がありました。こんなとこ歩くなんて俺と一緒で好きモノやねーって足跡見たら、アイゼン装着してました。よく見たらヒグマの足跡でした(@_@;)

回れ右して正規ルートに慌てて戻ったよ!
あーびっくりした。

その後スキーヤーに抜かされて気づくと自分一人でした。友人曰くこの山にスノーシューで登山する人は希少種と言われました(-_-)
確かにシュー族ぼく一人でした!笑

そっかー次回はスキーでも引っ張り出すかな~(^o^)/

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン