YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

横小路道~楽音寺道を周回してきました。

ふぁんトントさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.2250
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:生駒山系を中心に低山徘徊を楽しんでいます。古道、廃道、鉄塔巡視路など人の少ないところを好む傾向があるようです。

    Facebookページ
    http://fb.me/2015juantonto
  • ユーザーID:142618
    性別:男性
    生まれ年:公開しない
    活動エリア:大阪, 奈良, 京都
    出身地:大阪
    経験年数:公開しない
    レベル:公開しない
  • その他 その他
生駒山・神津嶽・大原山

2019/01/14(月) 16:35

 更新
奈良, 大阪

横小路道~楽音寺道を周回してきました。

活動情報

活動時期

2019/01/11(金) 09:40

2019/01/11(金) 12:58

ブックマークに追加

アクセス

224人

文章

先週末は仕事のため、山歩きできませんでした。この季節を逃すと歩けなくなるので、時間を工面して横小路道から楽音寺道を周回。数年前であれば、考えられないルートで半日を過ごせました。

横小路道は第三堰堤を越えてから、第一ナメ滝の直前で大崩落地点に注意してください。落石の可能性もあります。雌滝と雄滝の見学は、今回のように雌滝の直下から、巻き道分岐へ戻って雄滝へ向かうのが吉。戻り道は無駄なようですけれど、多少なりともリスクを軽減できます。ただし、ゼッタイ安全というワケではなく、たんなる「緩和」に過ぎません。

横小路道は、ハイキング道だった頃も「上で行き止まり」というのが通説とのこと。上部からどのルートを選択していたのか興味深い。横小路道の旧道は明治時代の地図では二重線で表記されており、官道並みの扱いだったようです。そのルートは、管理道に近い上流部の堰堤付近で消失しており、推測すら不可能。ハイキングコースとしては、最初の二股で左側の沢筋から尾根道へ出ていたのでしょうか。

現在では二股左の尾根道は最も分かりやすいルートながら、堰堤付近で大きく土砂崩落しており、尾根道へ出るのに難儀します。慣れない方は、滝見学後に来た道を戻る方が良さそうです。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間3時間18分
  • 活動距離活動距離6.79km
  • 高低差高低差300m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り445m / 434m
  • スタート09:40
  • 25分
  • 花岡山10:05 - 10:06 (1分)
  • 2時間52分
  • ゴール12:58

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン