YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

偽のピークにやられていた@畦ヶ丸-菰釣山

トプ・ガバチョさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:初めまして、トプ・ガバチョと申します。友人達からはトプさんと呼ばれています。これまで30年以上オフロードバイクで東北南部から岐阜まで様々な山地の林道を走ってきましたが、近年多くが舗装されたり閉鎖されたりして、昔のように楽しめる林道が激減しました。特に地元の神奈川県ですと、丹沢や箱根のエリアに無数に林道はあるのですが、ほとんどが舗装された上、頑丈な柵で自動車やバイクを締め出してしまいました。結局長らく信州や北関東の林道に行くことが圧倒的に多くなりましたが、ふと思うところがあって、15年9月から丹沢の閉鎖林道の今の姿を自分の足で歩いて確認してみようと考え、重要な趣味の一つでもある昔のフィルムカメラ(HNの由来になるトプコンカメラが大好きです)を首に下げていくつかの道を歩きながら写真を撮ると、これまでただバイクや車で走り抜けていただけの山道に、様々な面白味がそこかしこに転がっていることに気付き、本格的に登山してみたくなりました。山と呼ばれるところに初めて自分の足で登ったのは、15年10月に歩いた宮ヶ瀬にある低山の松茸山で、まだそれから1年しか経っていないド初心者ですが、これまで大好きで何度も走ってきた多くの林道にゆかりの山の頂上を自分の足で踏破して行きたいと思っています。
    なお、活動日記はいつもたっぷり書き込む方で、ともすると文字量がウザイと思われるかも知れませんが、なるべく正確にまとめておきたいので、どうぞお許し下さい。
  • 活動エリア:神奈川, 山梨, 長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大室山(丹沢)・畦ヶ丸山・菰釣山

2016/04/12(火) 20:37

 更新

偽のピークにやられていた@畦ヶ丸-菰釣山

公開

活動情報

活動時期

2016/04/10(日) 08:47

2016/04/10(日) 17:38

アクセス:152人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,343m / 累積標高下り 2,337m
活動時間8:51
活動距離26.16km
高低差467m
カロリー5291kcal

写真

動画

道具リスト

文章

 本来、往路で城ヶ尾峠に出てから畦ヶ丸に進み、戻る形で菰釣山に進んでブナ沢乗越から西沢林道に戻る予定が、どちらもブナ沢乗越を使った結果、余計に長く登山道を歩く形になりました。T字形に三方向に往復したので距離が嵩み、前回中二日で蛭ヶ岳方面の長距離歩きをしたばかりなのに、今回もそこから中三日で歩いたのですから、さすがに疲労が取れていなかったのは明白で、後半はかなり辛かったです。しかし、よくよく考えてみると、当初の予定通りに城ヶ尾峠から登っていたら、帰りはブナ沢を下って西山林道ゲートからクネクネと距離が長い林道を延々と歩くことになるので、登り下りは多くてもかえって稜線を往復したのは結果的に良かったようです。
 その二つの登山道入口ですが、西沢林道のゲートから「菰釣山」の表示に従って少し東に向かうと東沢林道へ向かう連絡林道のゲートのところに至り、ここにブナ沢乗越への登山口があります。城ヶ尾峠に向かう場合は、道志の森キャンプ場の落合橋を左折して東沢林道を進み、水晶橋を直進するゲートの手前に駐車し、そのゲートをくぐってしばらく歩いてから室久保林道と合流するところに城ヶ尾峠への登山道入口が現われます。稜線に出るには西沢林道のゲートからの方が近いです。
 菰釣山から畦ヶ丸の稜線の道はとにかく偽ピーク・名無しピークがたくさんありまして、スタート地点と最高地点の標高差は500mに満たないのに、細かいながら登り下りが多いので、累積標高は1500m程度にまで増えます(YAMAPの累積標高はいつもなぜか高く表示されますが、GPSロガーのソフトで確認したデータです)。何はともあれ、裏丹沢を代表する二つの山を登ることができたのは良かったです。しかも、霞がちながら最後まで何とか富士山が見えたのもラッキーでした。
 コース状況ですが、西沢林道ゲートからの登山道は沢を4回ほど渡りまして、そこに掛かっている丸木を並べて作った橋は隙間が開いていてちょっと心許ない気がするものの、丸木の上に足を乗せている限りまだまだ大丈夫そうでした。尾根道までは沢を離れてから一気に急坂になり、基本的に階段区間がほとんどないので、後半は砂地やゴロタ石の中をつづら折れのように登り、足を踏み下ろすところを選ぶようにする必要があります。菰釣山側は傾斜がそこそこの区間が続く感じで、分岐から1kmほどで山頂に至ります。畦ヶ丸側はいくつものピークを越えることになり、かなり疲れました。鎖場は一箇所だけでしたが、岩場ではなくて砂の山肌のちょっと厳しい斜面に設けられていました。他には城ヶ尾峠から畦ヶ丸までの小ピーク毎の鞍部は多くがヤセ尾根で、白い砂が浮いているので注意する必要はあるでしょうが、全体としては安全なルートだと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン