YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

天気が良かったので鳥海山へ☀

nao太郎さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:山形県庄内地方に住んでます。母校の校歌に出て来る、鳥海山(高)、月山(中)を中心に、山歩きを楽しみたいと思います。
    よろしく(^^)/
  • 活動エリア:山形
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1976
  • 出身地:山形
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

鳥海山・荒神ヶ岳・七高山

2016/10/02(日) 05:59

 更新

天気が良かったので鳥海山へ☀

公開

活動情報

活動時期

2016/04/12(火) 08:47

2016/04/12(火) 15:02

アクセス:374人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,403m / 累積標高下り 2,393m
活動時間6:15
活動距離16.34km
高低差1,596m
カロリー3353kcal

写真

動画

道具リスト

文章

予定では、ラーメン食べて月山スキー場となる筈でした(笑)が、朝カーテンを開けると、鳥海山がくっきり見える!行かねばなるまい(笑)で、鳥海山に行きました😁(月山は見えなかったので)
前回よりも1.5㎞程、車が進入出来、ジムニー等の四駆は、さらに300㍍進めます。
今回はスキーを持たずに、軽い装備でスタート。登りの負担を少しでも減らし、七高山を目指します。
車道をショートカットしながら登り、宮様コースを登ります。今日は冷えていて、雪が締まっていて、歩き易い!順調に滝の小屋周辺へ。この辺りで、おにぎり二個補給し、軽アイゼン装着します。この先の薊坂に備えます。が…
軽い装備で登ったにもかかわらず、薊坂は手強い!夏場は、階段を登る感じですが、雪道には段差などは在りません。30~40度の坂を登ります。雪はアイスバーンや、ザラメ、新雪等バリエーション豊富で、難しい!キャップの汗が凍る温度らしく、休んでいると体が冷えて来ます。四苦八苦しつつ、なんとか薊坂を登りきりました😅結構足にきてます😓まあ、七高山までは、アップダウンが少ないので、このまま進みます。千蛇谷から、一人スキーで登って来ます。それを横目に七高山へ。秋田側にスキーの跡が在ります。さすがに、新山まではスキル不足で行けません。七高山で写真を撮り、戻ります。
下りはペース良く下り、滝の小屋下の林の中で、おにぎりを補給。山頂は寒くて食べれませんでした。そのまま車まで、急がず下山。無事に帰って来ました。
雪解けが進んでいます。スキーのルート、歩くルートは、注意して選択しましょう👍

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン