YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大室山から加入道山往復檜洞丸ループトレイルランニング

はまださん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:トレランや登山、MTBやスノーボードと山が大好きで、天気の良い休日にはほとんど山にこもっています。
  • 活動エリア:神奈川, 東京, 長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:大阪
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大室山(丹沢)・畦ヶ丸山・菰釣山

2016/04/13(水) 14:13

 更新

大室山から加入道山往復檜洞丸ループトレイルランニング

公開

活動情報

活動時期

2016/04/12(火) 05:16

2016/04/12(火) 15:19

アクセス:152人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,289m / 累積標高下り 2,284m
活動時間10:03
活動距離18.63km
高低差1,063m
カロリー7122kcal

写真

動画

道具リスト

文章

神ノ川ヒュッテを起点に日蔭新道で大室山を登るルートを企画してスタートしたが、案内板で日蔭新道と書いてあったが、トレイルの取りつきがわからず急遽犬越路に変更し登坂開始。
丹沢の西のエリアは、がれた路面で急登なので歩きにくいところが多い。
出発時は外気温1℃と4月なのに真冬の気温に戸惑うが、登り始めると全て脱ぎ捨て半袖半ズボンになってみたが、同行の若者のようには行かずTシャツにフリースがちょうどよかった。
気温が低いので、手袋は必須だった。
標高を上げていくとそこかしこが霜に覆われて春なのにと愚痴をこぼす。
犬越路では、富士山も見えず眺望もそれほどではなく避難小屋で用を足し大室山へ登り始めると、雄大な富士山の姿が見えて友人も大喜び。
やはり丹沢エリアは、富士山が見えるとテンションが上がる。
しかしこのルートもやはり登り下りをくり返し、なかなか目的の山頂に素直にたどり着けない。
ようやく大室山についたと思ったら、西の肩という場所のようで、山頂を探すと眺望もない少し残念な山頂だったので、写真を撮ったらさっさと加入道山へ向けて下り始める。
すると富士山に向かって走る感じになり感動する。
開けた場所からは、北岳間ノ岳農鳥岳が見えて素晴らしい眺望に感動。
綺麗に整備された木道の尾根道が続くが、やはりアップダウンが多く強度高め。
加入道山でコーヒーブレイクし補給休憩し引き返す。
富士山を背にしているが、いろんな街なども見えて飽きない。
一気に犬越路引き返してきたが、すでにかなり憔悴していたので、本気でここで下ろうかと悩んだが、せっかく企画したのでと檜洞丸を目指す。
道中はかなり厳しい道だとは聞いていたが、蛭ヶ岳檜洞丸間のようになかなかアドベンチャーなルートが続くので、急登の場所では写真もほとんど撮れていない。
この辺りもせっかくピークについてもまた一気に下って目の前のピークに取り付いてもまだ目的の山じゃないとなんども心が折れそうになるがポジティブに良いトレーニングだ。
矢駄尾根を過ぎて檜洞丸が近ずいてくると、眺望が素晴らしく周囲の山々を一望できるのだが、残念ながらすでに富士山は霞の中。
早朝からこちらを回った方がと悔やまれる。
檜洞丸山頂への階段ですでに足が終わり始めて休み休み登頂し直ぐに補給休憩したいと思い青ヶ岳山荘へ下るも休憩中、、、。
仕方なく残りの補給職を二人でシェアし長めに休憩後一気に下る。
ここからは急登なので楽で良い。
途中シカの群れにも遭遇してしばし癒されて下り続けるも、矢駄尾根のがれた急登が始まると落石を起こしてしまうので、ここはさすがにゆっくりと下る。
無事に神ノ川に降りてくると、綺麗な見頃の桜が迎えてくれた。

丹沢の西のエリア、特に加入道山などはブナの木が残り綺麗な森という印象でしたが、大室山から檜洞丸へはかなりハードコースでした。

一応これで、丹沢エリアの主要な山はコンプリート完了。
あとはいろんなルートをつないでいけたら良いトレランコースが作れそう。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン