YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

小桜山 439

山葉燃瑠さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:夏はロングハイクを中心に、秋から春はまったり低山歩きをしています(寒いの苦手(+o+))テレフォン人生相談のアドバイザー、三石由紀子さんの大ファンでもあります。バシバシぶった切る舌鋒に痺れます~!大原敬子さん最近丸くなって悲しい(T_T)どうしちゃったの?
  • 活動エリア:岩手
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:沖縄
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:
  • その他 その他

万寿山

2016/04/16(土) 15:28

 更新

小桜山 439

公開

活動情報

活動時期

2016/04/15(金) 10:48

2016/04/15(金) 13:51

アクセス:178人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,128m / 累積標高下り 1,150m
活動時間2:33
活動距離6.39km
高低差284m
カロリー1056kcal

写真

動画

道具リスト

文章

小桜山、来ました(^o^)丿 3月に来た時、堂ヶ沢山から周回する予定でしたが、荒天と視界不良により断念したままでした。そんな訳で『小桜山さん』今日はあんたが主役ですよ☆彡 小桜山は堂ヶ沢山の西側に位置しており、標高も堂ヶ沢山より75メートル程高いだけなので、平地からは堂ヶ沢山に隠れてしまい僅か頂上の一部しか見せないシャイな、うい奴です。間近で全裸…!?(/ω\)もとい全貌を拝むには台羽山がベストポイントですd(◎_◎)
大荒れの天気予報通り、雨が降ったり陽がさしたりの中で身支度を整えて、予め下調べした鉄塔の管理路へ入ります。登り切った辺りで、今を盛りに、カタクリが出迎えてくれました。昼の具に5、6本頂戴します。そしてここで管理路を離れて左手の尾根に向かいます。尾根の林内は藪は殆どありません。登山道の無い山としては、歩き易さはAクラスでしょう。30分程で斜面を登り切りました。小桜山の山頂は平らな尾根状で、南から北に延びさらにそこから西へ延びます。Lを半回転させた感じです。だから何処から見ても山頂部は平らにしか見えません。広すぎて三角点は探しきれませんでした。プレートは〝Yいちさん〟のだけありました。風がゴーゴー吹いていますが、雨は止みました。時刻が早いので堂ヶ沢山へ周回する事にします。尾根を探り探りしながら北へ向かいます。ちょい藪の斜面を下り、回廊の尾根に辿り着きました。ここからは道が付いています。動物も歩き易い所を歩きたいのでしょう。尾根には大抵道が付いているものです。この道も利用者は獣が中心のようで途切れ途切れの道です。鉄塔へ出ました。整備された管理路が此処まで延々と繋がっているのが見渡せます。堂ヶ沢山からの縦走路に入ってから、作業道に誘われて道を間違えてしまいました。下っていくので確認したら、300メートル程あらぬ方向へ向かっていました。駒頭山でも、前塚見山でもやりました「同じ轍は二度と踏まない」と言われますが、ホントでしょうか。私の場合、火宅の星の下で生まれたのか、何度も踏んで身につけなければならないようです。それにしても獣道や作業道以外にも誘われてみたいものです(=^x^=)
しかし縦走路とは名ばかりで、道は完全に自然へ還っています。392ピークを超えた辺りからは、はっきりした道となって堂ヶ沢山まで続きます。つまり皆さん、392ピークまでは足を運ぶと言う事なのでしょうか。堂ヶ沢山からは林道伝いの下山コースだと距離がかなりあるので、10分の1以上ショートカット出来る、釜淵の滝直下コース(こんなのありませんよ)を選択しました。そして私は野人と化し斜面を駆け下ります(((o(*゚▽゚*)o)))

本日の燃度 3

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン