YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

春の三角山with娘①

こまこまさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:グダグダ歩きの万年初心者。絶対しないと誓った山登りにハマったのはなぜ?夫が単身千葉に在住。たまに遠征します。中学生の頃、札幌岳にクラスで登山。豊滝コースの空沼分岐でリタイヤしたのが、今頃になって悔やまれる…あの頃はもうちょっと体力あったのに…と。
    ボッチ歩きしています。見かけたら声かけてみてください。
  • 活動エリア:北海道, 神奈川
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

藻岩山

2016/10/31(月) 22:28

 更新

春の三角山with娘①

公開

活動情報

活動時期

2016/04/16(土) 09:40

2016/04/16(土) 12:20

アクセス:143人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 505m / 累積標高下り 491m
活動時間2:40
活動距離4.20km
高低差256m
カロリー1017kcal

写真

動画

道具リスト

文章

春だ。バタバタしているうちにもう4月も中旬になってしまった。行かなくちゃ。ということで、娘①を誘って、三角山へ。お久しぶりです。

まずは、ローソンによっておやつを買おう!…って、あれ?あれれれ?リュックに財布が入っていない。緑色のモンベルポーチに財布と免許証を入れたのに…!そのポーチがない!ここで、天の声、「私財布持ってきてるよ」ありがたい…お会計は、娘①にお願いする。

さぁ、歩こう。降りてくる人が軽アイゼンを手にしているのが少々気になるけれど、大丈夫さ…無理なら帰ればいいさ…と歩き出す。花が咲いている。春だぁ。うれしくなる。

三の坂あたりから雪が見え始め、六の坂から九の坂までは、残雪あり。でも端っこを歩けば大丈夫。滑りながら降りてくるおじさまもいらしたり、恐る恐る降りてくるお姉さんがいたり…帰りはここを歩かないと決める。

いつものペースで三角山山頂へ。気持ちいいんでないかい!一応、娘①に聞いてみる。
「ここで帰る?それとも大倉までいく?」「いや、帰るの早いでしょ」そうですね。とっとと歩き出す。

大倉山へ向かう三角山の急な坂は雪が解けていてホッ!風もなく、穏やかな道をルンルンした気分で歩く。気がかりなのは財布だけ…落としてないよね?うちにあるよね?うん、うちだ。心の中で問答する。久しぶりにジャンプ台方面に降りて展望台へ。ゴンカナ初めてなので、喜ぶ。よかったよかった。そしていつもの場所でおやつ。そのうち、あの山にも行ってみようねって奥三角を眺める。おやつがおいしい。バナナ少なめだけど。

帰りは、いつも通り哲学の道方面へ。ぐちゃぐちゃドロドロ…と思わず歩きながら効果音を口にする。「なんか言った?」と娘①より質問あり。「いや、歩くのに効果音をつけてみただけ…」一人の時は心の中で言ってるんだけどね…ってだぶん。

いつも通りのペースでのんびりと春を楽しんだ。帰りは、これまたお久しぶりの苗穂駅前、蔵の湯へ。丼物ランチ付き入浴券おひとりさま750円をゴンカナちゃんにお世話になり、入浴&ランチ。また来ようね…なんて話しなら…。

そして、夕方…旭川にいる娘②のもとへ出発。

※帰宅すると居間の床に財布と免許証がはいったポーチが鎮座していた…。よかった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン