YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

三ノ丸西尾根

どんぐりさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:山、海、街の旅をしています。
    「どんぐり山業」というホームページ開いているので、訪ねてみてください。
    https://a-mw.jimdo.com/
  • ユーザーID:189445
    性別:男性
    生まれ年:公開しない
    活動エリア:兵庫
    出身地:
    経験年数:10年以上
    レベル:ガイド
  • その他 その他
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山

2019/01/15(火) 18:20

 更新
兵庫, 鳥取

三ノ丸西尾根

活動情報

活動時期

2019/01/14(月) 07:58

2019/01/14(月) 15:49

ブックマークに追加

文章

三ノ丸西尾根の大段から小船の村に下る尾根(久曽木谷とカジナミ谷の間にあたる)が、今回のコース。
結論から言えばスキー向きではない。でも、滑りにこだわらなければ面白い。少なくとも私には。

大段のコルまでは、先週行っているし、今日は晴れて視界がよいので問題はない。気持ちよく滑ってから大段へと登る。
この辺り、無雪期はひどい薮なので、雪が開いてくれる冬だけのコースである。

大段から先の尾根は未知数だから面白い。
最初はゆるやかで広いので滑りやすいが、方向を誤らないように現在地を確めながら行く。
杉林の中で、久曽木谷から登ってきたスノーシューの男性に出会った。こんな所で人と遇うとは?
物好きなのは私たちだけではないようだ。

以前、落折の尾根を下りたときに出合った小舟林道は、ここまで到達していて、さらに延伸されつつあるようだ。
林道を過ぎて、しばらく滑ったが、雪は薄く、木立は繁く、尾根は急になってきたので、スキーをあきらめ、ツボ足で下る。

地形図にある破線の道は、雪の下か認識できない。ここをやり過ごしてから再びスキーを着けて下る。
久曽木谷の方へは2箇所滑れそうな谷があったが、雪が少なく今の状況では難渋しそうだ。それに久曽木谷には民家があってそこまで除雪されている。
カジナミ谷なら小船の集落まで滑られるだろうと思い、そっちに下りた。
浅く開けた感じの急斜面をほとんど横滑りで高度を落とした。
雪面は軽くクラストして、倒木などの凹凸が厳しく、テレマークなんかにこだわっていては、ここは下りられない。

下り立ったカジナミ谷林道には、人の踏み跡があり、その下手はきれいに除雪されているではないか。
工事をするブルドーザー脇を通らせてもらい、固い舗装道路を歩いた。

小舟のバス停には1時過ぎに着いた。
2時5分の町営バスを待つ間、ラーメンを作って遅い昼食にした。こういう時間は嫌いではない。
落折から来るバスで若桜駅へ。さらに1時間ほど待ってバスを乗り継ぎ、スキー場へと戻った。
1乗車100円はリフトの1回券より安い。やり残した尾根を滑りに、また来よう。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間6時間36分
  • 活動距離活動距離30.37km
  • 高低差高低差1,161m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,336m / 1,314m
  • スタート07:58
  • 1時間50分
  • 大段09:48 - 09:57 (9分)
  • 5時間52分
  • ゴール15:49

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン