YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

登り応え有り 烏帽子岳

tomoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2015年5月から山歩きを始めました。
    子供の頃から毎日のように見てきた南アルプスを登るのがとりあえずの目標です。
    いずれは日本百名山制覇もできたらと夢に描いてます。
    YAMAPと出会い、皆さんの活動記録を参考にさせて頂いたり、楽しい日記を読ませて頂きモチベーションを上げています。

    これまでに登った山
    日本百名山 31/100
    富士山 3776m ②
    塩見岳 3052m
    仙丈ヶ岳 3033m ②
    乗鞍岳 3026m
    甲斐駒ケ岳 2967m
    木曽駒ヶ岳 2956m ②
    八ヶ岳連峰(赤岳)2899m
    空木岳 2864m
    白山 2702m
    金峰山 2599m
    日光白根山 2578m
    蓼科山 2531m
    荒島岳 2523m
    男体山 2486m
    甲武信ヶ岳 2475m
    火打山 2462m
    妙高山 2454m
    焼岳 2444m
    燧ヶ岳 2356m
    四阿山 2354m
    高妻山 2353m
    瑞牆山 2230m
    恵那山 2191m ④
    苗場山 2145m
    会津駒ヶ岳 2133m
    雲取山 2017m
    谷川岳 1977m
    巻機山 1967m
    両神山 1723m
    丹沢山 1567m
    天城山 1406m

    信州百名山
    塩見岳・仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳・木曽駒ケ岳・空木岳・甲武信ヶ岳・焼岳・恵那山・大川入山・鬼面山・富士見台・南木曽岳・風越山・経ヶ岳・戸倉山・熊伏山・守屋山・入笠山/・蓼科山・乗鞍岳・小秀山/・四阿山/根子岳・高妻山・金峰山・天狗岳(八ケ岳)・苗場山 
  • 活動エリア:長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:長野
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

木曽駒ヶ岳・空木岳・将棊頭山

2016/04/17(日) 16:41

 更新

登り応え有り 烏帽子岳

公開

活動情報

活動時期

2016/04/16(土) 08:33

2016/04/16(土) 15:07

アクセス:889人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,360m / 累積標高下り 1,335m
活動時間6:34
活動距離8.77km
高低差1,116m
カロリー2865kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今週は、中央アルプスの一角 烏帽子岳へ出かけました。

下伊那郡松川町と上伊那飯島町に跨る山で、松川町から見上げるともっこりとした山の形ちが特徴的です。
yamap地図では木曽駒ケ岳の地図に山頂がかろうじて確認出来るだけで、登山道や入口の情報は有りません。
国土地理院の地図では、烏帽子ヶ岳と表記されていますが、地元で呼ばれている烏帽子岳が正式名称に成ったそうです。

今回登った登山口は、下伊那松川町の鳩打峠登山口です。
松川インターチェンジから県道15号を飯島町方面へ橋を渡ってから左手側を注意して見ていると、小八郎岳・烏帽子岳登山口入口の看板があり左折します。後は所々ある案内通りに行けば駐車場に到着です。
駐車場には4台の車、全て東海方面からでした。

8時30分 出発
登山口には大きな案内図があり、ルートや目安の時間が分かりやすく書いてあります。
登山道も広く歩きやすく整備されています。地元念丈倶楽部さんの努力に感謝します。
道端にはミツバツツジが咲いていて、春を感じながら歩く事ができます。

9時 小八郎岳分岐
今日は小八郎岳を経由して行きます。
登山道の周辺はササユリの自生地で、保護するためのロープや警告が沢山在ります。
今は芽も出ていませんが、6月頃からが見ごろになるようです。

9時20分 小八郎岳 山頂 1470m 到着
山頂は展望が良く、眼下には南北に長い伊那谷、その先の伊那山地と間を流れる天竜川が良く見えます。
南アルプスは生憎見えて無いですが、天気が良ければドーンと見えているはずです。
裏側には、これから登る烏帽子岳とその右側には真っ白が中央アルプスが見えています。
小八郎岳を下り10分程歩くと、巻き道と合流します。
3合目を表す 10分の3 の案内があります

暫くはカラマツ林と笹の中を登って行きます。
4合目5合目と坂も急になって行きます。
小ピークを過ぎると、左側は大きく崩落していて、尾根から少し離れて登ります。

11時 飯島ルートとの出合
6合目を過ぎ急登を登り切ると、細い尾根になりその先に、飯島ルートとの出合が在ります。
標識には、初心者向きではないと書かれています。

暫く緩やかな尾根を歩きます。右手側には葉の無い木々の向こうに中央アルプスが透けて見えています。
左側にまた大きな崩落部があり、一部登山道の下側まで浸食がすすみ、木の根で持ちこたえている所もあり注意が必要です。

8合目 この辺りから周りには雪が有り、登山道にも凍った雪が所々残っていました。
登山道は木の根が張り出し歩きにくい急登が続きます。

12時15分 安全道と烏帽子岩経由の分岐
安全道となっていますが、直ぐ先には鎖場が見えています。
折角来たのだから、烏帽子岩を登って行くことにしました。

烏帽子岩 
鎖が1カ所有りますが、ルートは決まってなく何処でも登り易そうな所を選んで登って行けます。
三点支持が出来れば、特に問題の無い程度です。プチ岩場体験と言った所です。
岩を登り終えると、高度感たっぷりの景色がご褒美にもらえます。

12時30分 烏帽子岳 山頂 2195m 到着 \(^_^)/ヤッター
背丈以上の木の間を抜けると目の前が開け、最初に目に飛び込む頂上標柱とその先の中央アルプスがドーンと迫ってきます。
中央アルプスは左から、越百山(こすもやま)・仙涯嶺・南駒ケ岳・赤梛岳が見えています。
残雪の有る今の時期だからこの迫力です。
天気が良ければ南アルプスもズラーリと見えるはずですが、残念ながら今日は見えずです。

今日は中央アルプスを見ながらお昼ご飯を頂きました。

13時 下山開始

15時 駐車場まで下りてきました。

登りに思った以上の時間が掛かってしまい、分かってはいたものの脚力の無さを痛感しました。
私見ですが急登も多くあり全体的に坂の斜度がキツメのような気がします。
しかし好展望で登山道も必要以上に手が入って無く静かです。おすすめ出来る山です。

ありがとうございます。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン