YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

“冬季”で予定が狂っていた@笹子&牛奥ノ雁ヶ腹摺山

トプ・ガバチョさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:初めまして、トプ・ガバチョと申します。友人達からはトプさんと呼ばれています。これまで30年以上オフロードバイクで東北南部から岐阜まで様々な山地の林道を走ってきましたが、近年多くが舗装されたり閉鎖されたりして、昔のように楽しめる林道が激減しました。特に地元の神奈川県ですと、丹沢や箱根のエリアに無数に林道はあるのですが、ほとんどが舗装された上、頑丈な柵で自動車やバイクを締め出してしまいました。結局長らく信州や北関東の林道に行くことが圧倒的に多くなりましたが、ふと思うところがあって、15年9月から丹沢の閉鎖林道の今の姿を自分の足で歩いて確認してみようと考え、重要な趣味の一つでもある昔のフィルムカメラ(HNの由来になるトプコンカメラが大好きです)を首に下げていくつかの道を歩きながら写真を撮ると、これまでただバイクや車で走り抜けていただけの山道に、様々な面白味がそこかしこに転がっていることに気付き、本格的に登山してみたくなりました。山と呼ばれるところに初めて自分の足で登ったのは、15年10月に歩いた宮ヶ瀬にある低山の松茸山で、まだそれから1年しか経っていないド初心者ですが、これまで大好きで何度も走ってきた多くの林道にゆかりの山の頂上を自分の足で踏破して行きたいと思っています。
    なお、活動日記はいつもたっぷり書き込む方で、ともすると文字量がウザイと思われるかも知れませんが、なるべく正確にまとめておきたいので、どうぞお許し下さい。
  • 活動エリア:神奈川, 山梨, 長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大菩薩嶺・ 鶏冠山(黒川山)・倉掛山

2016/04/21(木) 07:59

 更新

“冬季”で予定が狂っていた@笹子&牛奥ノ雁ヶ腹摺山

公開

活動情報

活動時期

2016/04/16(土) 08:16

2016/04/16(土) 16:47

アクセス:152人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,631m / 累積標高下り 3,129m
活動時間8:31
活動距離77.52km
高低差1,624m
カロリー5091kcal

写真

動画

道具リスト

文章

 4月の半ば過ぎだと言うのにもかかわらず、まだ笹子峠と大峠までのルートが途中でよもやの「冬季閉鎖」のゲートで入れず、当初考えていた予定が大幅に狂うことになりました。気温は後半の登山前に確認すると、真木の付近でも18℃もありましたから、なぜこれが「冬季」になるのか不思議ですが、大菩薩側の県道は塩山方面まで抜けられるように冬季閉鎖は解除されていました。結局は笹子峠で無駄に舗装路を往復で4km歩くことになり、45分ほどロスしてしまいました。次に車で移動して大峠に向かいますが、その手前7.8km地点でまた閉鎖のため、とても舗装路を往復約16kmも歩いて山に登り下りすることなど絶対に無理です。仕方なく大峠からのアプローチは諦めましたが、今回メインに据えていた牛奥ノ雁ヶ腹摺山には何としても登りたかったので、笹子に戻る形で笹子トンネルを越えてから県道218号線に入り、途中でまた閉鎖されているのが心配だったものの、ここから上日川ダム方面へ北上しました。こちらのルートは閉鎖されておらずに助かりましたが、ガイドマップのルートの線がある付近には登山道入口の道標はなく、はっきりしない入口を探して名無し林道ゲートから登ることになった結果、時間的に他の山に登る余裕はもうなくなってしまいました。本来なら笹子雁ヶ腹摺山と牛奥ノ雁ヶ腹摺山、それに500円札の富士山の絵柄で有名な雁ヶ腹摺山の「雁ヶ腹摺三山」をセットで歩きたかったのですが、2つで終わったのが残念でした。後日、雁ヶ腹摺山と大月では最高峰になる小金沢山をセットにリベンジしたいですね。
 路面状況ですが、笹子峠から笹子雁ヶ腹摺山までのルートは前半にザレの急勾配があって、ロープが張られていたことが唯一の難所になります。しかし、決して危険箇所ではないです。中盤の二つのコースも危険はないですが、新道は落ち葉で路肩がはっきりせずに斜めになっているところもあるので、平坦だからと言って気楽に急ぐと滑る恐れがあります。
 県道218号から牛奥ノ雁ヶ腹摺山へはわずかに平坦になる区間はありますが、全線登り一辺倒です。前半の砂利の車道が終わって登山道に入るところがクランク状に折れ曲がるのですが、帰路では山側から真っ直ぐ方面にリボンがたくさんあってうっかりするとクランク状に曲がることを見落としてしまいそうです。ただし、「県道→」と言う案内板があるため、それを確認しながら歩けば問題はありません。路面の質も滑りやすいところはないですし、鎖場等もなく安全です。

※ 11:12の矢立の杉から12:02の県道218号線雨川橋南の林道入口までの区間は車での移動になります。笹子雁ヶ腹摺山往復は9.75km、牛奥ノ雁ヶ腹摺山往復は8.97kmで、合計18.72kmの山歩きになります。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン