YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

初丹沢、初登頂成功できたのか?の巻き

相模原のまさたんさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:このプロフィールの写真は、富士山7合目(スバルラインコース)からの雲海をバックに撮った写真です。

    僕は、神奈川県相模原市南区在住です。
    海で船釣(鯵がメイン)もやります。
    僕の体重が体重だけに、会社の仲間から、山歩きに高尾山へ行ったのをきっかけに、その後は、1人で山歩きを始めてます。
    おかげ様で、半年弱で、体重5キロ弱、落ちました。

    正直、小学校の三年生と四年生の担任の先生が山が好きで、山へ何度か行った事があり、後は、金時山へも、高校生の遠足だったかな?登った事のあるぐらいです。

    今まで登った山
    ☆百名山
     筑波山(女体山頂・男体山頂)
    ・富士山
     8合目トモエ館まで(3400m)

    ▲丹沢山系
    ・丹沢山(大倉から大倉尾根で)
    ・塔ノ岳(大倉から大倉尾根で)
    ・鍋割山(大倉から西山林道で)
    ・大 山(大山ケーブル駅バス停から徒歩)

    ▲高尾山系
    ・高尾山(1号コース他)
    ・小仏城山(高尾縦走にて)
    ・景信山(高尾縦走にて)
    ・堂所山(高尾縦走にて)
    ・陣馬山(高尾縦走にて)

    △自然歩道
    ・関東自然歩道 
     鳥のみち
    ・東海自然歩道 
     高尾山口~小仏城山間 

    △他
    ・鍋割山~金冷し

    ☆将来登頂したい山
    ・富士山(剣ヶ峰)

    ◎次回の山行予定(雨天中止)
     11月21日 金時山 ソロ
     12月03日 塔ノ岳 会社の人と
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山

2016/04/22(金) 13:12

 更新

初丹沢、初登頂成功できたのか?の巻き

公開

活動情報

活動時期

2016/04/19(火) 06:01

2016/04/19(火) 19:00

アクセス:529人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 10,510m / 累積標高下り 10,489m
活動時間12:59
活動距離23.85km
高低差1,297m

写真

動画

道具リスト

文章

今、大倉を離れたところです。
感想は、もうくたくたです。

渋沢駅を小田原行き一番に到着する電車の乗り込み、渋沢駅から、タクシーで行きました。

スタートは、午前6時、ゴールは午後7 時。13時間の山行となりました。

今日は、新しい登山靴で挑戦してきました。
結果、豆も痛みも皆無!!でした。
ただ、以前の靴で傷めたところが、最後の方にジワジワ痛みがやってきました。

感想
今日は、晴天で、自分が大蔵尾根コースに3度目の挑戦にして、初めての晴れでした。
まー、計画では、11時には、塔ノ岳を目標で、丹沢をピストンで3時間を考えてました。
予定通り、10時50分には、到着出来ました。初の5時間を切りました。
11時に出発!
まだ、塔の岳から丹沢の木々は、春が来てないようで、冷たい風も吹いていて、寒かったです。
12時半過ぎに丹沢に到着!
写真を撮って、スタンプして、丹沢で山荘のマスターと話し込んでしまったので、ちょいと押してしまったけど、収穫があったので、よし。

再び、塔ノ岳に戻ってきました。
上り返しは正直、辛いです。
で、その上り返しもクリアーして、塔ノ岳。
山荘で甘酒を頂きながら、くつろいでいたら、団体さんのご宿泊組が見えて、そんな中、午後3時に下山開始したら、団体さんから、今から下山を!と、驚かれてしまいました。
で、下山中に鹿3頭発見しました。

鹿に見送ってもらって下山してると・・・丹沢ベースで真っ暗。
途中、僕を抜かした心やさしい方が、僕を心配して、なんと、ご本人様は、キャサリンの所まで、ついていたのに、僕を懐中電灯をつけて、アスファルトの始まり付近まで、迎えに来ていただいてしまいました。
横須賀の方でしたが、本当にご心配いただき、誠にありがとうございました。
この場をかりて、お礼の言葉とさせていただきます。

と、言うことが、ありまして、無事下山できました。

6日後、大山の予定です。

結論、初丹沢初登頂成功しました。
皆様のアドバイスと応援のおかけで出来ました。感謝いたします。

今回、昇ってる最中に堀山~花立山荘間で浮き石に足を謝って掛けてしまって、後ろに転倒。運が良いことに、頭もぶつけなかったし、滑落迄はいかなかったですが、反省として、浮き石注意!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン