YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

明星山16 はじめてのナイトハイク

kurumedakaさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2015年4月から久留米市近郊の低山を登っています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

高良山・枡形山・耳納山

2016/04/20(水) 10:17

 更新

明星山16 はじめてのナイトハイク

公開

活動情報

活動時期

2016/04/19(火) 19:09

2016/04/19(火) 21:03

アクセス:163人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 347m / 累積標高下り 352m
活動時間1:54
活動距離5.46km
高低差277m

写真

動画

道具リスト

文章

最近ナイトハイクが気になっている。これまでは昼間しか登ったことはなく、週末か仕事が早く終わった日しか登ることができなかった。平日の夜にも登れるようになればもっと登れる回数が増やせるかもしれない。もしかしたら星空を楽しんだりできるかもしれない・・・と淡い期待をしている。高良山や明星山であれば何度も登っているので、道迷いが起きることもないだろう。ライトは自転車通勤で使用している最大1200ルーメンのキャットアイの強力なのもあるし、安物だがヘッドライトとウオーキングライトもある。仕事が定時で終わったのでダッシュで久留米に戻り西鉄バスの青峰団地行きに乗ると19:08に青峰校前野バス停に到着、久留米の日没は18:52なのでまだ明るさが残っている。登り口から久留米市内の景色を確認した後ライトをつけて登っていく。辺りは19:30頃には真っ暗になっている。月がでているが、見えるところはライトが届く範囲に限られる。リュックのショルダーにつけたキャットアイのライトは明るくて心強い、ただ、肩に固定しているので足元を見たり、遠くを見たり、見たいところにスムーズに光を当てることは難しい。その辺りはヘッドライトが役に立つことがわかった。ただ、ヘッドライトの光量は少し物足りないのでもう少し強力なものが欲しいところ。基本的には何度も登っているのでルートは頭のなかに入っているので道標や目印を確認しながらすすんでいく。山頂からみる久留米市内の夜景はとてもキレイ、空は月が出ているせいか、市内の明かりの影響か、星はあまり見えない。帰りのバスの時間もあるのであまりゆっくりできず、早々に下山することとする。下山途中で白金山への縦走路と青峰への分岐点を見落としそうになったが、大きなトラブルなく無事に下山することができ、帰りのバスにも間に合った。これではじめてのナイトハイクを終了とする。
高良山25 明星山16 鳳山15 月見山1 発心山2 宝満山2 英彦山1

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン