YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

4/22(金) 鍋割山 大倉尾根道金冷シ経由周遊コース

Atsupinistさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:2015年6月に立山を訪れ、雄山へ登った事を機に登山を始める。
    当時は登山に対する意識、装備共に甘く、山の厳しい洗礼を受けて改心する。
    以後、長野、新潟、群馬、奥武蔵、奥秩父の山々を登り、これらの山行経験を基に知識を深め、徐々に装備を整えつつ現在に至る。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1980
  • 出身地:
  • 経験年数:6ヶ月未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山

2016/04/24(日) 14:06

 更新

4/22(金) 鍋割山 大倉尾根道金冷シ経由周遊コース

公開

活動情報

活動時期

2016/04/22(金) 08:15

2016/04/22(金) 16:07

アクセス:101人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,167m / 累積標高下り 1,275m
活動時間7:52
活動距離15.29km
高低差1,088m

写真

動画

道具リスト

文章

初の丹沢エリア、鍋割山にて名物鍋焼きうどんを最高の景色と共に食す為登ってきました!
あいにく頂上は雲の中で視界は開けなかったのですが、程よく冷んやりした気候とあったかいうどんがうまくマッチして、それはそれでいい感じでした^ ^
山行を通じての感想はとにかく登る!
きつい所もあったけど、新緑の美しさ、アスレチック感溢れる木道、ゆったりとした鞍部にくねくねした尾根歩きなど、要素が沢山詰まっていて非常に楽しめました♪
当初は鍋割山へ直接向かい、金冷シから塔ノ岳ピーク、そして大倉尾根を下り、大倉BSへ戻る計画でしたが、私の好奇心からの寄り道のせいで大倉尾根道を塔ノ岳方面へ登る羽目に?!
急遽、塔ノ岳ピークを踏んでから鍋割山へ向かうコースに変更してパーティーは花立小屋へ。
そこでおやつタイム&ミーティングを行い、天候の具合と時間的な問題で今回の本目的である「鍋焼きうどん」を優先し、金冷シから鍋割山へと直接向かう事になりました。
次回は快晴の塔ノ岳に行きたいです^ ^

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン