YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

撤退!本名御神楽 蒲生岳へ

ken3さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2014年に本格デビュー。新潟の他、2016年は東北の山々、谷川岳、長野県北部を中心に活動しています。

    〜〜〜 これまでの主な山行 〜〜〜

    ▲百名山 22
    八幡平(姫その1)
    岩手山(三ツ石山🍁に続く2座目)
    月山②(花コレ、リベンジ)
    蔵王連峰(コマクサ)
    飯豊連峰(YGK会4人2泊3日)
    吾妻山(夏山☀)
    安達太良山③(3コース)
    磐梯山④(YGK会他)
    会津駒ヶ岳(YGK会)
    燧ヶ岳②(フランス青年との出会い他)
    那須連山③(YGK会煙草屋泊、縦走フェス②)
    男体山(晩秋)
    谷川岳②(土合〜土樽縦走②)
    越後駒ヶ岳(夏山☀)
    巻機山②(真夏☀,初冬⛄)
    苗場山④(紅葉🍁、親子、残雪❄、ワタスゲ)
    火打山(紅葉🍁)
    妙高山(初雪❄)
    雨飾山(女神の横顔)
    高妻山(最後の急登最高~)
    四阿山(春山)
    富士山② (親子他)

    ▲2百名山 6
    栗駒山(姫その2破線ルート)
    帝釈山(YGK会3人)
    朳差岳(ハクサンイチゲ)
    八海山②(鎖場天国,YGK会3人☁)
    仙ノ倉山(平標~)
    守門岳(青雲岳〜袴岳〜大岳周回)

    ▲3百名山 2
    乳頭山(紅葉🍁)
    一切経山(五色沼)

    ▲その他
    ★岩手
    三ツ石山(紅葉🍁)

    ★山形
    姥ヶ岳(〜月山)

    ★福島
    三国岳:飯豊連峰(2人)
    大日岳:飯豊連峰(YGK会4人)
    雄国山〜猫魔ヶ岳(降雨祈願)
    蒲生岳(本名御神楽撤退:YGK会3人)
    箕輪山(安達太良山〜)
    田代山(~帝釈山YGK会3人☔)

    ★新潟
    頼母木山(朳差岳〜)
    弥彦山(合格祈願)
    守門大岳(東洋一の雪庇⛄)
    守門青雲岳(ニッコウキスゲ,ヒメサユリ)
    茂倉岳(谷川岳オキの耳〜)
    平標山(〜仙ノ倉山)②
    坂戸山⑥(親子他)
    菱ヶ岳:上越(残雪❄)

    ★長野
    根子岳(〜四阿山)

    〜〜〜 ハイキング他 〜〜〜
    ★秋田
    小安峡
    川原毛地獄♨

    ★岩手
    須川高原温泉🍁

    ★宮城
    奥松島:嵯峨渓🌅,大高森🍁,月浜

    ★福島
    尾瀬:御池~東電小屋(YGK会)🍁

    ★栃木
    龍王峡🍁
  • 活動エリア:福島, 新潟
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:新潟
  • 経験年数:
  • レベル:中級者
  • その他 その他

御神楽岳・雨乞峰

2016/05/07(土) 06:34

 更新

撤退!本名御神楽 蒲生岳へ

公開

活動情報

活動時期

2016/04/23(土) 07:56

2016/04/23(土) 10:25

アクセス:452人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,088m / 累積標高下り 1,116m
活動時間2:29
活動距離9.35km
高低差141m
カロリー1360kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今年初の福島での登山。会社の山仲間若手2名と本名御神楽1266mへ…。
登山口までの道中では、途中通行止めとなっており、やむなく車を置いて歩行開始。手前3km地点の橋が無い!沢まで下りるはめに。実はこの橋の地点までは車の通行が可能で、実際に山菜取りの車が止まっていた。
何とか登山口まで進み、登山スタート。
結構雪が残っており嫌な予感が…(汗)
八乙女ノ滝を経てその先の鎖場を進むが、倒木なども有り未整備の様相。
川沿いの崖の鎖場まで進むと雪に先を阻まれている。行けなくは無いが、鎖が外れる又は足元の雪を踏み抜くなどしたら、冷水の川に堕ちる事間違い無し!
残念ではあるが、ここで撤退。
この山の登山道のレベルの高さを垣間見る。

時間も有るので、近くの蒲生岳(がもうだけ)に移動。
私意外のメンバーは何度か登っている山だ。
会津のマッターホルンと呼ばれ、標高は828mであるが、なかなかの鋭鋒。
久保登山口は真っ盛りのカタクリ公園を通る。
カタクリ畑が終わりこれまた真っ盛りの椿畑を超えると、一気に急登に。
1時間余りで登れると聞いていたので正直ナメていた。キツイ。
今年初登山の若手メンバーが私以上にキツイを連発!今日はおじ様の勝ちだネ(笑)
急登は頂上まで続き、岩場有り鎖場有りで醍醐味がギュッと詰まっている。山頂からは、守門岳、浅草岳、田子倉ダム、会津朝日岳が良く見える。なかなか良いじゃないですか!

慎重に下り山行を終える。帰り道中の「つるの湯」につかる。い〜湯だ!
普段ソロが多いのだが、仲間と登るのもまた良いものだ!また行こうネ〜!



コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン