YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

試練の二百名山「東赤石山」

stemさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:まだまだ「若葉マーク」の初心者です。
    主な活動地域は四国、中でも愛媛が多いです。メインは日帰りソロ登山。よろしくお願いします。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1975
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

笹ヶ峰・赤石山

2016/04/24(日) 22:49

 更新

試練の二百名山「東赤石山」

公開

活動情報

活動時期

2016/04/23(土) 06:42

2016/04/23(土) 13:35

アクセス:148人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,444m / 累積標高下り 2,437m
活動時間6:53
活動距離11.12km
高低差1,078m

写真

動画

道具リスト

文章

4月23日 晴れ→曇り
今回は、かねてより目標だった「東赤石山」に初挑戦!
登山口まで距離があり、登頂も容易ではない様子。さらには午後から天気が崩れるとの予報だったので、気合いの3時起きで応戦‼

登山口までは、高速(土居or三島川之江IC)降りて1時間程。法皇トンネル以外は2車線あるので、結構楽に到着。
いくつかある登山口の中で、今回は最もポピュラーな「筏津」から登頂を目指す。登山口には専用トイレがあるけど、何か出てきそうなぐらい不気味なので、手前の金砂湖辺りで済ませておきましょう。

赤石山荘辺りまでは森林地帯で、ほぼ一定の登り勾配。のんびり休憩できるような場所はそれほど無いものの、極端な緩急が無いので一気に踏破できる。途中に木橋や崖があるし、迷いがちなので集中力が大事!迷いやすい箇所には必ず目印があるので、見落とさないよう注意が必要。実際にふらついてヒヤッとしたり、何度も道を間違えそうになりました(^^;

赤石山荘手前で急に視界がひらけ、景色が一変。ゴツゴツとした岩が露出し、「こっからが本番だ」と言わんばかりの雰囲気に。とりあえず一息ついてから、ロックガーデン直登に挑む。ここからは岩だらけの急勾配で、背の高い木が無いため、さらに目印が見つけ難くなる。岩なので当然ながら、踏み跡もほとんど見当たらないので、これまで以上に注意していかないといけない。気分的には宝探しかオリエンテーリングか?って感じ。全然楽しめないけど(>_<)

必死に登り「やっと着いた~!」と思ったら、隣の八巻山に到着。…何で??
後で確認したら、赤石山荘から登ると八巻山に行くルートでした。まさかのうっかりミス。さらには携帯の電波が届き難かったせいかGPSの精度まで狂ってて、YAMAPの地図を確認しながら登ったのに、まさか自分の位置がズレてたとは…気付けないって!
慌てて東赤石山にルート修正。岩だらけの尾根はヒヤヒヤが止まりません。八巻山から約20分程で東赤石山山頂に到着。…あれ?想像してたより地味。少し先に三角点があるけど、「こっちが本当の山頂じゃない?」というぐらい立派。
しかし写真撮ったりしながら登って来たとは言え、4時間弱も掛かってしまった。何だか自信喪失…。
今一つ消化不良の感が拭えないものの、天候の変化を感じ帰路につくことに。いくつも登山ルートがあるのに、往路と同じというのも味気ないと思い、帰りは床鍋ルートを選択。これが間違いの始まりだった…。

またもゴツゴツした尾根を進み、やっとの思いで[権現越]に着く頃、重大事件発生っ!ヤバい…飲料水、落とした(´Д`|||)
この日は雨の前の晴れ間で暑く、湿気ってるわ風も無いわで、さらに塩分補給できなかったためやたらと水を飲み過ぎた。仕方なく予備の水を取り出し、ザックのポケットに入れてたところ、岩稜のどっかで落としたみたい。どうしよう…。
調理用の水を飲んでみたら劇マズ(>_<)やっぱ常温の水道水はダメだわ。今度は調理用水もちゃんと「おいしい水」にしようと心に決めるも、当面の危機は去ってはいない。とぼとぼ下山していると、どこからか水の音が。一目散に沢に向かい給水。冷たくて美味い!正直ここで沢に出会えてなければ「遭難」の二文字も浮かんでた。ホッと一息つき、意気揚々と下山再開。

しかしこのルート、人気無さ過ぎ。誰にも出会わないわ、蜘蛛の巣に掛かりまくるわ、さんざんな目に。筏津ルートと違い、手入れされた人工林で見所もこれといって無く、気付けば沢の音も鳥の鳴き声も聞こえず、自分の足音しか聞こえない。そりゃ人気出ないって。孤独に苛まれながらひたすら下り、やっと登山口に到着。トータルおよそ7時間…長かった~。

今回はいろいろ反省点が多かった。ちゃんとした登山計画、飲み水の確保、塩分補給の重要性を再認識しました。やっぱ初心者だなぁ。今度「保険にも入ろう」と考えさせられた登山でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン