YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

おおっ~!  久しぶりの快晴山行だぁ!! 大菩薩嶺 (小菅 日向沢-フルコンバー大菩薩)

つるさんさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:家族に「山の徘徊中年」と呼ばれてます。
    陣馬が地元、中央線沿い、富士五湖、丹沢
    そして時々、奥多摩を徘徊中。
    ロングコースが好きなオヤジです(^_^)ゞ
  • 活動エリア:神奈川
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:鹿児島
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大菩薩嶺・ 鶏冠山(黒川山)・倉掛山

2016/04/23(土) 18:16

 更新

おおっ~!  久しぶりの快晴山行だぁ!! 大菩薩嶺 (小菅 日向沢-フルコンバー大菩薩)

公開

活動情報

活動時期

2016/04/23(土) 07:09

2016/04/23(土) 14:45

アクセス:301人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 7,802m / 累積標高下り 7,840m
活動時間7:36
活動距離22.26km
高低差1,299m
カロリー3847kcal

写真

動画

道具リスト

文章

天気が気になってましたが、山行決行!! 
小菅村から大菩薩を目指しました。 行きは、またしても真っ白モヤモヤ山行・・
これで4連敗かと、半分あきらめて登りましたが・・・・大菩薩峠に着いたら
なんと青空!快晴!! 久しぶりの快晴山行を満喫してきました。

* ~ 小菅 雄滝駐車場
先週は大菩薩か蛭ヶ岳か、迷って蛭ヶ岳をチョイスして真っ白山行でした。
今日はそのリベンジで大菩薩へ。
大菩薩へは、裂石がメインルートですが、地図を眺めていると「小菅からも行けるんじゃ」
と発見、しかも裂石からより"歩いた感"がありそう。ということで小菅から登ることにしました。

小菅までは中央道、上野原から県道18-国道139で向かいます。
いつもの”お天気おねーさん”の「雲が多いですが、晴れ間が広がります」という
甘い言葉にそそのかされ、出発したものの、走れど走れど小菅方面はモヤモヤ・・・・
「今日もまた、ひょっとしたら真っ白山行が・・・どうしよう」と迷っているうちに小菅村へ。
「ここまできたら、真っ白でもいいや・・4連敗だし」とヤケクソ状態で雄滝駐車場へ
しかし・・・林道はジャリ道で道幅は狭いワイルドな道です。
途中、白糸の滝駐車場があり、そのまま進むと雄滝駐車場に到着。先着2台でした。
駐車場は、整備されておりきれいなトイレがありました。
登山準備しつつ、見上げると”モヤモヤ”・・・しかし、気合いを入れて出発。

*日向沢登山口 ~ 大菩薩峠
駐車場から歩くこと十数分で日向沢登山口に。しかし落ち葉が大量にあるモコモコ道、歩きにくいです。
この日向沢登山口からの道は、トラバース気味のジャリ道、倒木、落ち葉ありで荒れ気味の道でした。
ただ、道自体はハッキリしているので迷いません。そんな道を進んでいると、いつのまにやらモヤモヤが
出てきて白くなり始め、「やっぱり、今日も・・・真っ白だ」とあきらめます。
進むと、”白糸の滝”からの道と合流。ここからは、多少ガレた道があるものの道も広くなり
歩きやすくなります。大菩薩峠までは急登が、無い代わりにダラダラと登りが続きます。
さらに、モヤモヤ度合いが濃くなり視界が白くなります。既にヤケクソ状態です。
進み行くとフルコンバ、丹波村からの道との合流です。
と・・・・「あれっ? 日差しがある・・ ちょっと青空が見える・・・」
「ひょっと、したら、向こう側(大菩薩側)は、晴れているんじゃ??」と期待ワクワクが高まります。
休憩後に、足取り軽く登って行くと、視線の先に・・・・Blue-Sky!!!!!
大菩薩峠に到着です

*大菩薩峠 ~ 大菩薩嶺
おおっ!! 青空!! 久しぶり!! と感動しまくりです。小菅と大菩薩向こう側(甲府盆地)の
天気って、こんなに違うんですね。それと人の込み具合が、全然違います。
大菩薩峠までは、静かな山歩きでしたが、ついた途端にワイワイガヤガヤで、さらに下を見ると
沢山の人が登ってきていました。
しかし、この景色はスバラシイ!! 上日川ダムの青と富士山ドーン!! 視線を右に移すと南アルプスが
ズラ~ッと並び・・感動です。そして、新緑の山稜! しばらく、長いことこの景色を立ち尽くし眺めました。
写真を撮りまくりながら、大菩薩嶺に進みます。しかし、気持ちがいい!! 青空の下の山歩き!!
久しぶりなので、さらに感動倍増でした。
岩山を乗り越えて、雷岩へ。ここも沢山の人がいました。そして、大菩薩嶺(山頂)へ。
しばし、休憩の後に下山。

#.帰りに”雄滝”を見ようと寄ってみたのですが、途中で道が途切れる? 無くなってる?で
  見れませんでした。残念。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン