YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ソロでヨロヨロ【富山登山】

ぷーすけさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:筑波山がホームグランドです。目標は穂高連峰縦走と槍の登頂です。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

伊予ヶ岳・人骨山・津森山

2014/10/26(日) 18:17

 更新

ソロでヨロヨロ【富山登山】

公開

活動情報

活動時期

2014/10/14(火) 12:34

2014/10/14(火) 14:52

アクセス:504人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,023m / 累積標高下り 1,023m
活動時間2:18
活動距離7.51km
高低差346m

写真

動画

道具リスト

文章

行程
PM12:36【市営無料駐車場】

PM12:54【伏姫籠穴】

PM1:38【富山愛の鐘】

PM1:43【富山北峰】

PM1:58【富山南峰】

PM2:44【福満寺】

PM2:54【市営無料駐車場】

伊予ヶ岳下山後、ぷーこはお休みモード。消化不良のぷーすけは、一人寂しく富山へ向かいました。

お昼を伊予ヶ岳山頂で食べた「マックスコーヒーカステラ」で我慢し、そのまま富山へ強行することに。
おかげでぷーすけの頭の中は、お腹を空かせたぷーこの事でいっぱい。いち早く任務を完了し帰還しなければ。((((;゚Д゚))))
「二時間くらいで戻ってくるよ」と、ぷーこに、さば読み時間を伝え、PM12:36に無料市営駐車場を後にします。

途中、工事中の富山中学校を横目に見ながら、アスファルト舗装された林道を沢伝いに進んで行きました。
沢のせせらぎがとても心地よく、何だかマッタリした道が続くな・・と思い始めたPM12:54に【伏姫籠穴】に到着です。
そこはちょっとした広場になっていて、車が何台か駐車できるスペースがあります。恐らく【伏姫籠穴】見学者用スペースでしょう。登山者禁止と書いてありませんが、長時間の駐車は遠慮した方が良さそうです。

伏姫籠穴から先は、荒れたアスファルトとコンクリ打ちの林道です。コンクリ道は無意味に道幅も広く、開けています。
危ないことに、白の軽車両がエライ勢いでダウンヒルしてきて目が点に(∵)(気分も台無し)

それでも、PM1:08には国鳥の雉の雄が立派な姿を見せてくれたし、ジムグリ(ニョロですが?)が大慌てで草叢に逃げていく様が見られたり、人外の出会いがありました。

結構歩いた後に、コンクリ打ちの道が終了して突き当りの登山口。
ここまで来た車は転回が困難ですから、間違ってもここまで来ないほうが賢明かと思います。(伏姫籠穴までは大丈夫です)
土剥き出しの林道と、急登の整備された階段があり。ここでもやっぱり、女郎蜘蛛に悩まされ、イヤイヤしながら登りました。

PM1:38に北峰と南峰の鞍部にある【富山愛の鐘】に到着。
昼寝中であろうぷーこよ起きろ!と、言わんばかりの勢いで数度鳴らしますが、所詮はクマよけの鐘レベルの大きさ、聞こえる筈もありません。

PM1:43北峰に無事登頂。その後、展望台へ。
雲一つない青い空に房総の海、山頂には人影一つありません。心が解放され「自由だ~!」と思い切り叫んでみても誰も聞いてませんし。「あー気持ちいい!」
すると、突然スマホからメール、「いまどこ」byぷーこ・・・。

あわわ、なんというタイミング。地獄耳。鐘の音は聞こえないだろうに。
大急ぎで富山の南峰へ向かいます。PM1:58に南峰に到着するも、何とも荒れ果てた姿に、見るべき展望もなく、少々ガッカリしながら下山開始。
途中、クスノキの大木が、台風にやられたのでしょうか、根元から倒れていました。(しかも二本)
自然の力の強大さに改めて驚いた次第です。
そうこう慌てながらも、PM2:44に【福満寺】に到着し、感謝のお賽銭をあげ、PM2:54に、市営無料駐車場にソロでヨロヨロ無事に到着しました。

車の中では、待ちくたびれたぷーこが・・。
ぷーこの尻尾を踏まないように気を付けながら、行きで気になった道の駅【富楽里とみやま】に寄り、そこの2F【網納屋】さんで、定食Cセットと定置網海鮮丼をたのみました。(二人で2500円以内!)
空き過ぎたお腹に生ものとは、いかにも消化に悪そうですが、とても新鮮でボリュームたっぷり!

今回の房総の山、気軽に登れて結構楽しい山行でした。
特に、伊予ヶ岳を大切にしている小学校や、地元の方々の環境への取り組みに感謝します。
ありがとうございます。
自由気ままに、ノートに感想とお礼を書かせていただきました。(※二人でヨロヨロ【伊予ヶ岳登山】回答)
また登りに来ます。

最後まで読んでいただいた方にも感謝。ありがとうございました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン