YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

上日川峠から大菩薩峠、大菩薩嶺、丸川峠を経て大菩薩峠登山口、そして大菩薩の湯で汗を流す

イッセイさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:若い頃、4年間ほど登山の経験がありました。夏山ですが涸沢をベースに北穂高岳、奥穂高岳を登りました。その他、八ヶ岳、白鳳三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)縦走、赤石岳です。高い山の上から写真が撮りたくて37年ぶりに山歩きを始めてみようと思いました。
  • 活動エリア:山梨, 神奈川, 群馬
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1954
  • 出身地:東京
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大菩薩嶺・ 鶏冠山(黒川山)・倉掛山

2016/05/15(日) 02:45

 更新

上日川峠から大菩薩峠、大菩薩嶺、丸川峠を経て大菩薩峠登山口、そして大菩薩の湯で汗を流す

公開

活動情報

活動時期

2016/04/23(土) 08:55

2016/04/23(土) 16:07

アクセス:141人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,038m / 累積標高下り 3,802m
活動時間7:12
活動距離12.54km
高低差1,233m
カロリー2493kcal

写真

動画

道具リスト

文章

新宿05:38の中央線に乗り八王子から松本行きに乗り換え、甲斐大和駅に07:38着。バスで上日川峠バス停へ。
大菩薩嶺までは、きつい登りも無く、親子ずれもいてハイキングのような感じであった。大菩薩峠では富士山や南アルプスも見ることができ、楽しい山行であった。雷岩では、私を含め、多くの登山者が昼食を取っていた。大菩薩嶺から丸川峠の下りは、所々ぬかるんではいたが、全体的には足場はそれほど悪くなく、景色の変化もあって、楽しい下りであった。丸川峠から丸川峠入口へ続く林道へ出る所までは、傾斜もきつく、足場も悪く、景色を堪能するどころではなかった。下りが苦手(足の筋力不足)な私には、大菩薩嶺からの下りの足への疲労も有り、80分の下りは、とてもきつかった。丸川峠からの下りは、若い人は、軽快に下って行くのだが、私はもう歩きたくないという感じであった。大菩薩嶺までなら何度でも行きたいと思える素敵な山行でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン