YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

八淵の滝 〜まぼろしの滝も〜

wa-iさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:ダイエットでウォーキングを始めて3年、町中の風景に飽きてきました。せっかく山が近いところに住んでいるからと軽いつもりで摩耶山へ。
    いつまで続くかわかりませんが宜しくお願い致します。
  • 活動エリア:兵庫
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1973
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

比良山系・武奈ヶ岳・釈迦岳

2016/04/25(月) 10:13

 更新

八淵の滝 〜まぼろしの滝も〜

公開

活動情報

活動時期

2016/04/24(日) 05:29

2016/04/24(日) 09:31

アクセス:384人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 948m / 累積標高下り 944m
活動時間4:02
活動距離5.84km
高低差477m
カロリー1918kcal

写真

動画

道具リスト

文章

ソロで遠征しました。

というのも、学生時代の仲が良かったメンバーが集まり、家族ぐるみで交流しようということになりました。仕事もそこそこ忙しく、正直全く乗り気ではなく、いざとなったら妻にだけ行ってもらったらいいや、ぐらいの感じでした。で、どこ行くのと聞いたら、ガリバー旅行村でロッジを借りたというではないですか。気にはなっていたのですが、交通費と移動時間を考えると行くことはないかと思っていました。なんという幸運。俄然、乗り気に。BBQの準備など後回しで、ブーツなど登山の準備を入念し、いざ滋賀へ。
前日、BBQの後、ダラダラ飲んでましたが、僕はそそくさと入眠。明日に備えます。でも、夕方から仕事もあり、可能時間帯は5:00〜11:00まで。頑張りました。

長い前置きですみません。
ガリバー旅行村の中に登山口はあります。山に入るだけでも入村料は必要なのでしょうか?比較的安全な登山道(滝は主要ものしか見られません)から、沢沿いに降りるように分岐しています。沢沿いに少し上がるとクサリ場が始まり、そうこうしていると最初の滝、魚止の淵が現れます。六甲に比べると断然水量が多いので迫力満点です。滝の左岸を登ります。
次は、障子ヶ淵です。滝の右岸を登るのですが、めちゃくちゃ怖い。おまじない代わりにしかならないかもしれませんが、簡易ハーネスをして3点支持を念じながら登りました。そして、急登を上がると、先ほどの安全な登山道に復帰します。
次は、大摺鉢です。夏に泳いだら気持ちよさそう。篆書体の彫りものの撮影のため渡渉します。クサリはかかっていますが、これまた怖い。そして、撮影後元の岸にもどり、次を目指します。
次は、小摺鉢。鉢が小振りに。
次は、屏風ヶ淵です。チョックストーンのような感じになっています。
次は、貴船ヶ淵です。右岸から一度滝壺に降りて、渡渉をし左岸から滝を上ります。障子ヶ淵に比べると恐怖感はありません。
最後に七遍返し淵です。頼りない木の橋を渡ります。

八淵の滝、コンプリートです。

では、まぼろしの滝を見に、もう少し遡上します。ルートはないので、高巻いたり、藪をこいだり、いろいろしながら進みます。インターネットで見た滝に似ているが、これという確証がありません。「ここまで入って来てどうやらこうやら」という看板も見つかりません。これで正解?

うまくいけば、広谷に出られるかなと遡上を続けますが、岩も大きくなってきたり、滝も高くなってきました。時間も時間なので、無理矢理赤線ルートを目指し、激登りをします。無事、赤線復帰し、急いで下りて来ました。

六甲の滝に比べると、水量も多く見事な滝が多かったです。楽しかった〜。しかし、障子ヶ淵のような危険箇所もあり、かなり注意と下調べが必要です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン