YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

2016.04.飯豊連峰縦走

ただっちさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1987
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

飯豊山・大日岳・蒜場山

2016/05/01(日) 09:25

 更新

2016.04.飯豊連峰縦走

公開

活動情報

活動時期

2016/04/24(日) 16:45

2016/04/27(水) 11:59

アクセス:189人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,796m / 累積標高下り 5,122m
活動時間67:14
活動距離55.92km
高低差2,066m

写真

動画

道具リスト

文章

やはり歩きたいと思った飯豊連峰。
昨年は5月末に行きましたが,今年は雪が少ないこともあり1ヶ月はやめて4月末にしてみました。

弥平四郎からの入山は昨年と同じでしたが,今年は新長坂ルートでなく上ノ越ルートから登りました。緩い登りではなく初めから急な登りでしたが,稜線に出て大日岳から本山の稜線を見ると帰ってきたな。と思う場所でもあります。
いくら暖冬で雪が少ないといっても,1ヶ月早めたら山の上の風は冬で稜線では花も咲いてませんでした。。。
また,季節を変え花の咲き乱れる時期に飯豊連峰縦走をしたいと思いました。

動画は,大日からの景色です。

【コース状況など】
弥平四郎~三国岳:基本的に危険個所なし。疣岩山からの下る箇所のみ見極めが必要。
三国岳~飯豊本山:種蒔山までで危険個所あり。
飯豊本山~御西岳:なだらかな稜線で危険箇所なし。
御西岳~大日岳:大日岳手前に急斜面あり。前爪アイゼンがあった方がいいです。
御西岳~梅花皮小屋:基本的に雪稜の上で危険個所なし。踏み抜き多数。
梅花川小屋~北股岳:急登の雪稜のため前爪アイゼン着用しました。人によっては不要かも?
北股岳~杁差岳:基本的に危険所なし。ほぼ夏道でした。
杁差岳~大石ダム:1000m付近まではそれなりの角度で雪の上を歩きます。ルートを自分で判断できないと全く違うところに降りる可能性あり。自分はツボ足で行けましたが,踏む場所を間違えると滑落の恐れがあります。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン