YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

赤岳へ向かうも・・・・・。

ひろちゃんさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:山歩きをはじめて5年以上経ちました。
    でも、まったく成長なくて、登っている間は辛くて何度もくじけそうになります。(>_<)

    それでも、花や鳥たちに元気をもらいながらたどり着いた頂上で見る景色、それは登ってこそ味わうことの出来る感動と喜びです。
    それがあるからこそ、また次も・・・。

    つれあいと仲良く!?
    の夫婦登山です。(^-^;
    焦らず急がず(急げないというのが正しいかも・・・)

    ここで皆様の活動記録を拝見して、自分たちの山行きの参考にさせていただくことも多くあります。

    2011年に卵巣がんを発症。
    ステージ4一歩手前の3Cと診断されました。

    そして、産婦人科部員全員と内科部員のうち癒着・転移の疑いが濃厚な部分に、即刻退場してもらいました。

    ところが、5年後の2016年に背骨と肺の一部に再発し、1年ほど治療に専念しました。
    また、前回のリンパ節退場処分の後遺症として、左脚リンパ浮腫という反撃を食らい、超激着圧タイツの上に包帯でさらに締め付けるという苦行を続けています。

    現在は、病院治療と並行して、『大好きな山歩き』が私の一番の治療薬であると勝手に決めつけ、投薬しまくっていま〜す!(^O^)/

    今年は憧れのアルプスに行けるといいな?


    たくさんの皆様にフォローしていただき、うれしく思うと同時にとても感謝しています。
    ありがとうございますm(__)m

    コメント・スタンプ・いいね! をいただきながら、なかなかお返事できなかったり、見過ごしていることも多いと思いますが、どうかお許しください・・・。

    これからも、つたない私の活動日記を見てもらえたら幸せです(*^^*)

  • ユーザーID:71534
    性別:女性
    生まれ年:公開しない
    活動エリア:愛知, 岐阜, 三重
    出身地:福井
    経験年数:10年未満
    レベル:初心者
  • その他 その他
八ヶ岳

2016/12/28(水) 08:47

 更新
山梨, 長野

赤岳へ向かうも・・・・・。

活動情報

活動時期

2016/04/25(月) 06:06

2016/04/25(月) 15:58

ブックマークに追加

アクセス

645人

文章

あこがれの南八ヶ岳。
2月には、北横岳に登り、3月には西穂高独標へ。
真っ白な雪山の景色はほんとうに最高でした。

で、
今回は赤岳に挑戦!

日帰りではかなり無理があるかもしれない。。
そう思いながら、またまた自宅を3時に出発。
美濃戸登山口に着いたのは6時ちょっと前、平日なので車も2~3台しかありませんでした。駐車料金がかかります。日帰りで1000円でした。

6時から登山を開始します。
1分ほど歩くと南沢と北沢登山道に別れる分岐です。私たちは南沢ルートから行きます。
八ヶ岳登山道の特色は、ゴロゴロした石がたくさんあることでしょうか。人気の山だけに登山道自体はよく整備されていると思いますが、雪がたくさん降るため道がずいぶんと削られているように感じます。歩くときも変な体力を使うような・・・

登り始めて4時間、やっと行者小屋に着きました。
本来ならここまでは冬道でも約2時間のコースタイムなのですが、昼間に雪が溶けそれが気温が低い夜に再び凍り、道はつるつるのスケートリンク状態で、とても歩きにくく2倍もの時間がかかってしまいました。

そして、行者小屋で30分ほど休憩をとります。ここにはトイレもありました。まだ小屋自体はオープン前です。

文三郎尾根から目当ての赤岳を目指します。
ここからは雪も登山道にしっかり残っているので、アイゼンをつけてゆっくりと登ります。
樹林帯の中の雪はまだかなり締まっていたので、歩くのは楽でしたが、樹林帯を抜けると太陽の熱で雪がシャーベット状態になり、靴が雪の中にずぶずぶと入ってしまいます、おまけにかなりの急登でヘロヘロになりました。

このあたりで、時間はすでに午前11時を過ぎています。山頂まではあとどのくらいかかる?
などと思いながら、せめて行く方向に見えている尾根の案内板まではたどり着きたい。。。
足を進めますが、これがなかなか進みません。。
なんて情けないことやら...
それでも力を振り絞ること30分。

ようやく稜線に出ました。
長かった~~~~~~。><

時すでにお昼。
あと、ここから山頂までは30分ぐらいでしょうか。

でも、今の私の足では、今まで登ってきた時間と明日は仕事なのであまり遅くならないように帰宅する時間を考えると、到底無理。。

悔しいけれど、ここで断念。。。。。
稜線は風も少し強い。いろいろ考えると・・・・・。

山頂を目前にしながら、泣く泣く来た道を戻りました。
下山は、行きにも増して、登山道の雪は溶けていて、ますます歩きにくい状態になっていました。

降りること、4時間。
ようやく美濃戸まで戻ってきました。

自分の体力のなさに、もっと鍛えなくてはと、反省した山行きになりました。

この次は、ぜったいにリベンジしたいな!



追記
地図の軌跡が下山の行者小屋から南沢下流域までGPSが利かなくなり直線になってしまいました。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間9時間52分
  • 活動距離活動距離10.70km
  • 高低差高低差1,065m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,350m / 1,336m
  • スタート06:06
  • -
  • 赤岳山荘06:06 - 06:09 (3分)
  • 2分
  • 美濃戸山荘06:11 - 06:14 (3分)
  • 3時間13分
  • 行者小屋09:27 - 09:52 (25分)
  • 3時間13分
  • 行者小屋13:05 - 14:48 (1時間43分)
  • 1時間1分
  • 美濃戸山荘15:49 - 15:51 (2分)
  • 4分
  • 赤岳山荘15:55 - 15:58 (3分)
  • -
  • ゴール15:58
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン