YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

豊平山に登ってみた

pochiさん

  • マイスター  ブラック
  • 自己紹介:札幌近郊・日帰り登山中心です。
  • ユーザーID:328957
    性別:男性
    生まれ年:1967
    活動エリア:北海道
    出身地:北海道
    経験年数:公開しない
    レベル:公開しない
  • その他 その他
札幌岳・空沼岳

2019/02/15(金) 10:20

 更新
北海道

豊平山に登ってみた

活動情報

活動時期

2019/02/09(土) 11:12

2019/02/09(土) 14:01

ブックマークに追加

文章

観測史上最大の寒波と報道が続き、山を諦め朝から洗濯しながら窓の外を見るとキリっと晴れている。陽も射しているしやっぱり山に行くことにした。

もう10時を回っているし近場の藻岩山にクルマを走らせていたら道を間違えて行き過ぎ、引き返すのも面倒なのでまだ冬に登ったことのない豊平山に変更。

クルマ停められるかと心配だったけど、しっかり除雪してありひと安心。でもクルマは自分ひとりだけ。トレースも雪に埋もれてうっすら。

途中からトレースが曖昧になったけど、相変わらず親切な案内板やたくさんのピンテで迷わず進める。砂防堰堤はキンキンに冷えていた。

車道を跨ぎさらに進むとトレースは全くなくなった。ところどころについている動物の足跡とピンテを目印に進むと急登の東面コースと比較的緩やかな西尾根コースの分岐に出た。躊躇することなく緩やかな東面コースを選択、いつも優柔不断なのにこの決断力には我ながら感心する。

ここから徐々に傾斜がつき、ようやく山に登ってる気分になる。息が切れてきた頃に西尾根との合流点に着いた。ここから山頂はけっこうな傾斜、ロープ頼りによじ登ったけど途中からロープも雪に埋もれ、ズリズリ滑りながらなんとか山頂に到着。

山頂は未踏の新雪で気分が良い。雲の切れ間から陽が射してきたので、久しぶりにお湯を沸かして豚汁を食べた。豚汁食べてたら仕事の電話、手袋脱いで話してたので電話切る頃には手がかじかんで痛い。かじかむ手で後片付けをして下山開始。山頂からの傾斜はほぼ滑落状態、歩いているうちに陽が隠れて寒さが一段と身に沁みる。

しばらく自分の付けたトレースを辿りながら下山してたけど、気づくともう一本トレースが付いていた。あれ?誰にもスライドしてないのに。西尾根廻りですれ違ったのかな。

登山口に着いたらクルマが1台増えていた。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間2時間49分
  • 活動距離活動距離4.63km
  • 高低差高低差425m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り443m / 424m
  • スタート11:12
  • 1時間15分
  • 豊平山(焼山)12:27 - 13:25 (58分)
  • 36分
  • ゴール14:01

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン