YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

4/9~4/15オーストラリア旅行レポートNо.3(4/13~4/15)

V誘笑むさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:ハンドル:Ⅴ誘笑むと申します。
    還暦を迎えてちょっと経ちましたが、まだまだ、社会に貢献?しております。熊本地震では被災しましたが、メゲズに人生を楽しみたいと思っておりますので、よろしくお願いします、m(__)m
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1954
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

ブルー・マウンテンズ国立公園

2016/05/01(日) 21:37

 更新

4/9~4/15オーストラリア旅行レポートNо.3(4/13~4/15)

公開

活動情報

活動時期

2016/04/13(水) 00:00

2016/04/15(金) 06:00

アクセス:193人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間54:00
活動距離0m
高低差0m

写真

動画

道具リスト

文章

5日目は、ほぼ1日をかけて、世界遺産ブルーマウンテンズ国立公園観光に参りました。まず、シーニックワールドでは、3つのケーブルカーなど移動設備が整っておりますが、それを利用して渓谷の谷底へ一気に下り、そして小1時間ほどの森林ウォークを楽しんだ後、ケーブルカーで最初の入口まで戻ります。ジェットコースターに近い急角度の一気下りと、その際の車窓の素晴らし景観、それと森林浴が観光の目玉です。また、バスでの移動でしたが、エコーポイント展望台での「スリーシスターズ」の奇岩、ブルーマウンテンズの山並みは素晴らしい眺望で、一見の価値あるお勧めの観光地ですネ。

ブルーマウンテンズ国立公園からシドニーへの戻りの途中で昼食をとりました。中華料理でしたが、我々一行だけで、ゆっくりおいしくいただきました。ここが、二番目にイイ食事と個人的には思いました。食事の終り頃に中国人と思しき団体がドドッと入ってきましたので、早々に退散しましたが、ほんとラッキーでした。

スケジュール:

5日目(4/13)  
08:30シドニーからブルーマウンテンズへバスにて移動(約180km)。
10:30シーニックワールド~スリーシスターズ観光
18:00シドニータワー展望レストランにて夕食
19:30ホテル着~オペラハウス散策 
             シドニー泊
6日目(4/14)
10:00シドニー市内観光(公共交通機関利用)~15:00ホテル着
17:00シドニー空港へバスにて移動
20:55ANA便にて空路帰国(羽田空港、約9時間30分(約8000km))

7日目(4/15)
05:25羽田空港着

上記のスケジュールで以下に補足。

最終日に、公共交通機関(主に地下鉄と自分の足)でシドニー市内観光を行いました。
フィシュマーケット(魚市場)は、東京の築地に次ぐ世界2番目?市場とのこと。ここでエビやカニなど中心に適当に調理したものを買って食することができます。ここでも某国の観光客の多いこと、たくさんの人でごったがえしておりましたので、調理した食材を買うのにも長蛇の列、またやっと購入することができても、テーブルとイスの確保もなかなできない、また、ワイワイガヤガヤと騒々しい状況の中、小生達はとても落ち着いて食事などできませんが、彼らの、そのような環境などものともせず、うるさく喋りながらたくさんの食材を平然とパクつく様を見て、彼らの厚顔さに驚くとともに、あの常識のないマナーも「さもありなん!!」と痛感しました。

今回、携帯を持っていきましたが、羽田国際線ロビーにて、WiFi機器のレンタルを利用しました。小生達が知らないばかりですが、これは、優れものでした。ラインやライン電話など、オーストラリアから自由にすることができました。これは、素晴らしいですね。1週間で、5000円弱でした。

羽田に着いて、小生達は福岡空港まで戻りましたが、当然のことながら大地震で高速はストップ、またJR新幹線も不通と聞きましたので、とうやって、自宅まで帰ろうかと思案しました。JR在来線もどこまで動いているか疑問でしたので、とりあえず天神から西鉄特急でJR大牟田駅まで移動ができました。大牟田駅からバス等、熊本市までの直行便はないとのことですが、お隣の荒尾駅からは、JR玉名駅までの定期バスがあると聞きました。何とか荒尾駅まで移動できないかと大牟田駅で算段したところ、在来線が荒尾駅まで動いてくれておりました。
荒尾駅から玉名駅まで、定期バスに加えて、臨時の直行便がシャトルバス風に出ておりましたので、助かりました。その臨時バスにあまり待つことなく、席も座ることができました。玉名駅まで所要時間40分ぐらいでしたでしょうか。玉名駅では、在来線が回送で試験運転をおこなっておりましたが、いつのことかわかりませんので、15時ぐらいに、やっときた熊本行きの定期バスに乗りました。これも座ることはできました。しかし、各駅停車で、17時前に熊本市役所前に到着でした。そのような経路を経て、やっと自宅にたどり着くことができました。(福岡空港11:00自宅17;30)

何とか15日中に帰宅して、我が家の無事、娘の無事を確認してホッといたしました。旅行から、やっと帰り着いて安心し、もう地震などないだろうと高をくくって深く寝入ったところで、予想だにしないあの2回目の地震が起こりました。怖かったですね。
思わず飛び起きて、我が家から避難所の小学校に参りました。少し落ち着いて、帰宅したらビックリでした。写真のとおり、裏の地面が崩れておりました。まさかの出来事ですが、こればっかり、どうしようもありません。
我が家以上に被害に遭われたおうちもあります。まだまだ余震が続いております。早く落ちついて、平穏無事な生活に戻れるように祈りたいものです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン