YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

アラ還4人で脊振山系(金山)へ

massanさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:2015年5月から山歩きを始めました。現在、山仲間や単独での山行などで経験を積んでいます。自然と草花を楽しみながら、これからも少しずつですが、活動範囲を広げていきたいと思っています。
  • 活動エリア:福岡, 熊本, 大分
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1955
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

脊振山

2016/05/01(日) 12:11

 更新

アラ還4人で脊振山系(金山)へ

公開

活動情報

活動時期

2016/04/30(土) 09:49

2016/04/30(土) 15:17

アクセス:102人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,468m / 累積標高下り 1,453m
活動時間5:23
活動距離8.67km
高低差414m
カロリー2527kcal

写真

動画

道具リスト

文章

連休二日目で今日も晴れて登山日和。2月のアラ還3人にもう1人加わり、「アラ還4人で脊振山系(金山)へ」となった。この地には私は初遠征である。三瀬峠から金山まで何か所かの急勾配を除き、比較的なだらかな尾根歩きを楽しむことができた。

ちょうど正午頃、山頂に着き、昼食でしばらく休憩。その後、急こう配の谷を降りていく。周りは一面の森林で、しばらくするときれいな水が流れる沢が現れる。沢は少しずつ広くなり、水の量も増えていく。しばらくは心地よいせせらぎの音を楽しみながら、せせらぎを横切ったり戻ったりしながら下っていく。登山道がはっきりせず、途中には足を踏み外したら真っ逆さまみたいな小絶壁があり、スリルのある下山となった。ここはケルンを見逃さないように辿っていかないと道迷いになってしまいそうな登山道で、実際、私たちも数回迷うことがあった。

そして、無事にアゴ坂峠まで登り返し、ほっと一息ついたところで、しばらく歩いて登山口に戻ることができた。

今日辿ったルートでは、山頂や尾根からの眺望はあまり楽しむことはできなかった。次回来るときは、福岡県側にいいスポットがありそうなので、そちらにも行ってみたいなと思いながら家路についた。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン