YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

両神山(日向大谷ルート)

kentakah さん YAMAP Meister Bronze

  • YAMAPマイスター:ブロンズ
  • 自己紹介:関東〜信越、東北の山を登ってます!
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1984
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:
  • その他 その他

両神山・父不見山・南天山

2016/05/06(金) 09:35

 更新

両神山(日向大谷ルート)

公開

活動情報

活動時期

2016/04/30(土) 08:52

2016/04/30(土) 17:14

アクセス:45人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,256m / 累積標高下り 2,280m
活動時間7:12
活動距離12.68km
高低差1,225m

写真

動画

道具リスト

文章

8:45に現地到着。秩父方面から両神への道は山荘までのラスト7kmほどは車1台がやっと通れるほどの狭道なので注意。
両神山荘付近はすでに満車状態らしく、誘導員の指示により山荘から1.5k手前付近で車を停めて徒歩で登山口へ。
今回はシーズン初めといことでトレーニングも兼ねて40Lザックに荷物を満載にして負荷をかけての山行。

両神は基本的には登山道は整備されているものの狭く、比較的急峻な山肌に作っているため滑落に注意が必要。
途中の川を何度か横切るところまではなだらかな登りだが、清滝避難小屋までの1.5kの地点から徐々に斜度が上がってくる。避難小屋で一旦休憩した後、産体尾根までは砂/小石混じりで足場が良くないところを一気に急上昇。ここが一番キツかった。
産体尾根からいくつか鎖場を越えて、鉄パイプ製の階段を登っていくと、そこから山頂までは尾根縦走のような比較的平坦なコース。
山頂は狭いので長時間滞留は難しいが、360°C開けており景色は最高。
写真撮影などをゆっくりした結果、下山開始が14時頃だったので帰りはすれ違う人も少なく、スピードを上げて快調に下山。久々の登山で身体が鈍っていたせいか、最後は膝が痛かった....
登山後は山荘から20分ほどの所にある道の駅に併設されている温泉で疲れを癒して帰宅。
次は八丁峠の鎖場ルートにチャレンジしてみます。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン