YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

小秀山 山超え滝超え10時間超えーー!の巻き

KAYOさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:十数年前、山好きの友が私に教えてくれた山登り。
    今は亡き友が私に見せたかった景色を追い求め、登っています。
    いつか、その景色にたどり着くことを願って…
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

小秀山

2016/04/30(土) 17:24

 更新

小秀山 山超え滝超え10時間超えーー!の巻き

公開

活動情報

活動時期

2016/04/30(土) 07:06

2016/04/30(土) 17:24

アクセス:244人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,239m / 累積標高下り 2,253m
活動時間10:18
活動距離12.15km
高低差1,111m
カロリー4263kcal

写真

動画

道具リスト

文章

4月29日、夜、名古屋を出発し、小秀山の駐車場、乙女渓谷キャンプ場へ前進しました。

当初は、アルプスの百名山を登る予定でしたが、強い寒気で道路凍結の情報があり、急きょ、小秀山に登ることにしました。

また、今回は、夏山に向けての練習も兼ね、去年買って未使用のテントを広げるため、テント泊を試みました。
夜中の設営で、駐車場には誰もいなくて怖かったですが、テント泊、意外と快適でした。やみつきになるかも(笑)

翌朝、車の音で目が覚め、周りを見ると、満車に?(^_^;)

慌てて朝食を済ませ、テントをたたみ、出発準備( ̄□ ̄;)!!

7時、登山開始。食欲があまりなく、パン1個食べて挑みました。
ラッキーなことに、本日からニノ谷登山道開通です。
情報収集もバッチリ、見所満載を期待して登りました。

川沿いを登っていくのですが、登山道も整備されて、階段が多い!
沢の音、鳥の鳴き声に癒されました。
滝も多く、マイナスイオンたっぷりです。やっと夫婦滝に到着。とにかく凄い迫力!!(゜ロ゜ノ)ノ

最後の水場を後に、ここから本格的に登ります。急勾配、滑りそうになりながら、けっこうキツイ〰( ̄▽ ̄;)

そしてなが〰い(泣)(>_<)
登っても登っても表示は「小秀山まであと3.⚪⚪㎞」…( ̄□ ̄;)!!
徐々にペースもダウンし、相方のMr.A探検隊長(以下、隊長 と称します。)と離れてしまいました。花や鎧岩のデカイ岩を見上げ。、カモシカ渡利へ突入。

事前情報で覚悟をしてたものの、目の前にすると、ゲッ!Σ(×_×;)!
となります。心の準備をして登ろうとしたら、おーい!と、隊長の声!
上から激励を受け、やっと壁を超えました。

まだまだ登りは続く。

兜岩まで来たけど、写真撮ってる余裕は私にはありませんでした(泣)

途中で見えた壮大な御嶽山に感動して、また頑張りました。
下山してきた方に、あと4ピーク目で頂上 と教えてもらい、4ピークを目指しました。

3ピークを越え、あと1ピーク!
ふと上を見ると、…( ̄□ ̄;)!!

最後のピークって、山やん!(-_-;)
一気に力が抜けてしまいました。体が動かないのは致命傷です。持っている食べ物を口に放り込んでエネルギー補給。呼吸を整え、気合いを入れ直して頑張りました。
下山者から、 あと少しです。頑張ってください!と激励され、半べそかきながら、やっとの思いで山頂到着〰( ̄▽ ̄;)
最後尾異常なし!

隊長は、1時間ぐらい待ってたとか(^_^;)
景色は最高!このために登って来た!\(^_^)/と感動に浸り、休んでからすぐ下山。
体力も回復し、三の谷方向へ一気に下りました。

三の谷からニの谷へは、林道をひたすら歩き、乙女渓谷まで無事に帰りました。なんとも、登りがいのある山です。

ニの谷から登ることをオススメしますが、危険箇所もありますので、気をつけてください。

朝ごはんは、しっかり食べることをオススメします。
見所満載、十分楽しめる山です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン