YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

槍ヶ岳2日目 穂先アタック

yosswiさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:山に魅せられ十数年。
    冬は主に北陸三県を中心に。残雪期から土日を使ってアルプスの稜線を繋げてきました。
    新雪につけるトレース、春の柔らかな新緑、深い原生林の静けさ、荘厳な岩場も、鮮やかな紅葉も大好き!季節を越えて魅力は尽きません。
    ゆったりもあり、時には力以上の限界まで。
    また、新しい喜びに出会える山に向かいます。
    皆さんの山行に刺激をいただいています。どうぞ宜しくお願いします。
  • 活動エリア:石川
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2016/11/14(月) 22:15

 更新

槍ヶ岳2日目 穂先アタック

公開

活動情報

活動時期

2016/04/30(土) 06:00

2016/04/30(土) 16:09

アクセス:400人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,912m / 累積標高下り 2,891m
活動時間9:21
活動距離11.74km
高低差1,395m
カロリー3587kcal

写真

動画

道具リスト

文章

早朝小屋を出発。小屋から上は雪で、締まって歩きやすくツボ足OK。
沢の出ているところは殆どなく、デブリを越えて真っ青な空目指して長い谷を詰めます。
右手に殺傷ヒュッテを見る頃から雪がクラストしてきてアイゼンを付け、右前方の槍の穂先を眺めながら高度を上げます。
最後の急登を登りきったら槍の肩!
展望よし!鯉のぼりひらひら~
穂先から下りてきた方から、強風になってきたからアタックは早めがいい、雪田途中にひと抱えもある不安定な石があるから気をつけるようにとアドバイスいただき、急いでアイゼン、ピッケル、メットの装備万全で穂先に向かいます。
ところが渋滞でなかなか進まない。
石はとりあえず雪に埋められていて、側にいた方が絶対触るなと声をかけてくださったのですが…溶ければやがて落ちるはず。
怖っ!
最後の梯子を登って穂先到着~!
風は強いものの、360°の展望!
やったぁ♪素晴らしい~♪
強風もあり狭いピークは長居できず追い立てられるようにさっさと撤退です。
下りも団体さんの後ろで渋滞待ち。
ようやく降りきったところで天候が急変。
食事を済ませて下山を始める頃には暴風雪で何も見えなくなった。下りの急下降に吹き下ろす風で体がよろけ、旗を頼りに下ります。
斜度がある程度緩くなりバーンが過ぎてからお決まりの尻セードでヒャッホー!
なんとか小屋のお風呂時間(女子は3:50まで)に滑り込みドボンできました!
それにしてもアタックはラッキーなタイミングで本当によかった。
出発前から強風予報は認識していましたし、過去の経験上装備は万全に。
それでもGW期の3000メートル級は冬山(厳冬期)装備が必要だと痛感しました。ハードウェアの上下、バラクラバ、グローブ。
備えあって憂いなし!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン