YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

故郷の山 僧ヶ岳

ソラリスさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:気が付けば29年間、会社に勤めた事になります。出身は富山なのですが、首都圏勤務が長く、元々、車やバイクで全国を巡るのが好きで、何時の間にか山を訪れて旅行を兼ねて愉しむ山旅スタイルになっていました。何となく各位の山行日記の投稿が高山植物に似ているのかなと感じてます。メンバーさん一人一人の投稿が花です。花の愉しみ方は人其々で、自分はひっそり咲いている花を探すのが好きなようですが、百名山登山に憧れ、残りは8ですので華やかな花にも強い憧れが在りそうです。投稿は減りそうですが時々、花を探しにYAMAPを訪れたいと思っています。
  • 活動エリア:富山
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:富山
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

白馬岳・小蓮華山

2014/10/22(水) 00:45

 更新

故郷の山 僧ヶ岳

公開

活動情報

活動時期

2014/10/19(日) 09:51

2014/10/19(日) 17:05

アクセス:623人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 25,369m / 累積標高下り 25,293m
活動時間7:14
活動距離57.59km
高低差1,800m

写真

動画

道具リスト

文章

朝、町内会の大掃除の後、天気が良かったので、地元の僧ヶ岳(1855M)に登ってきました。

僧ヶ岳は剱岳北方稜線の山々の最北に位置する山で、海から近く、どっしりしている大きな山容で、大きいが故に黒部扇状地からは剱岳が隠れて見えないのが残念なのですが、春になると雪絵が田植えの季節を教えてくれて、夏になると新緑の翠が眩しくて、秋になると里より先に雪が降って、冬になると天候悪化を最初に知らせてくれる地域と共に在る故郷の山です。

僧ヶ岳の山容は木曽路の恵那山に似ている処が在ります。島崎藤村の夜明け前は、木曽路は全て山の中であるから始まるのですが、地方に住むという事は地方に住んでいる人にしか解らない生活や考えが在ると思います。自分も見慣れている山ですが、自分が小さい時から本当に自然好きで、この山の事が好きだったのかというと、そうでは無かったように思います。

この日は地元の魚津市の僧ヶ岳登山会が在って80名近くの登山者が在ったそうで、遅い時間帯に登ったにも関わらず、幾人もの登山者と出逢い、頂上でも何人かの地元の人と出逢いました。一人で登ってきて頂上の眺望を無心でカメラに収める人が何人か居たり、若い山ガール風の女性や金沢から来た社会人女性3人組が居たり、この山の事を好きになってくれる北陸の人が確実に多くなっていると感じました。

自分もこの山に登って、頂上を踏むのが10年ぶりで2度目です。冬の豪雪で遅くまで雪が残る山で頂上近くは仏ヶ平という風衝草原になっていて、夏にはニッコウキスゲが沢山咲きます。尾根沿いには6月になるとカタクリやシラネアオイが沢山、咲く山です。シラネアオイは富山県東部が西限だそうで、北陸の遠い場所からも見に来る登山者が居るようです。すれ違った登山者に聞くと今年の紅葉は去年と比べると今一つだったそうですが、自分の眼には、ブナの黄色が美しくて、決して、そんな事は無いように思えました。下山時も富山湾の湾曲が地図を見るように思えて、黒部扇状地が近くに見えて、眼下の黒部峡谷鉄道の汽笛が山に、こだましていましたが、登る毎に何時しか、この山の事が好きになっていくのだと思います。

今回も天候に恵まれて、先日登った五竜岳、鹿島槍を頂上から眺める事が出来ました。北アは2400M以上は雪が積もり冬の装いになりました。僧ヶ岳も直ぐそこまで、雪の足音が聞こえる季節になって北アの登山は今回で最後になりそうです。今年は御嶽噴火等残念な災害も在りましたが、良い印象で、来春の雪解けを愉しみに待つ事が出来そうです。

僧ヶ岳登山は僧ヶ岳スーパー林道(舗装されています)に、どの登山口まで、車を入れる事が出来るかで所要時間が変わってきます。林道が崩れていなければ1280Mまで車を入れる事が出来るので、そこから2.5時間程度で登る事が出来ます。今回は遭難碑広場(標高1043m)からの登山で、第三登山口から登る方法と1280Mまで林道歩きして、烏帽子尾根登山口から登る方法が在りますが、どちらも3~3.5時間程度だと思います。登山道は雪が無い時期は危険な処はほとんど在りませんが、登山道の崖側が笹や雑草で覆われて見えなくなっている場所も在るので油断して滑落する事が無いように注意する程度だと思います。但し雪が残る時は難易度が全く違うので事前の情報収集をして欲しいと思います。

自分は故郷の街の広報担当ではありませんが、来春に新幹線の黒部・宇奈月温泉駅が開業しますので、地元の発展を願って2枚アピール写真を追加しておきました。(笑)




コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン