YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

笠取山へ ヤマップのありがたさを感じました

hiroさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介: 2014年、夫婦で体力作りをしようとお気軽トレッキングのつもりで始めましたが、半年も経たないうちに山小屋泊、テント泊までするようになってしまいました。時間のあるときには泊まりで、忙しくても日帰りで2週に1回をめざしています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波

2016/05/01(日) 19:49

 更新

笠取山へ ヤマップのありがたさを感じました

公開

活動情報

活動時期

2016/05/01(日) 06:47

2016/05/01(日) 11:22

アクセス:120人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 368m / 累積標高下り 753m
活動時間4:35
活動距離7.57km
高低差610m

写真

動画

道具リスト

文章

今回も駐車場の位置がナビに出てきません。ここだろうというある程度の場所を入れて出発しました。でも、行ってびっくり駐車場がどこも満杯です。甘く見てました。そこで、止められる場所にまず駐車しました。場所を確認しようとしたら、スマホは圏外。ヤマップの地図がとれません。こんなことは初めてです。昨晩、パソコンでダウンロードしたのですが…今、自分がいる場所がわかりません。とにかくここを離れたら駐車スペースはないことがほぼ確定。行ったり来たりしている車が多数いました。
笠取山の方向を確認して、登山口と思われるところから登り始めます。しかし、しだいに笠取山ら離れていくように感じます。道標は一切ありません。しばらく行くと、右方向(笠取山の方向)に行く道があったので、そちらを進みます。笠取山の方向を確認しながら進んでいきます。道標を見つけたときは、とっても嬉しかったです。
今回は、新しいテント、とはいってもエアライズの3です。今までは、2でした。荷物を置くととっても狭かったです。3はゆったりで、妻も喜んでいました。
この日は、テント場が非常に混んでいて、指定されたところしか張れませんでした。子ども連れ、団体、学生、ソロ、2人で1張り(だいたいペア)によって場所を分けてくれました。これは、配慮です。
2日目、笠取山へ行きました。もっと手軽に登れるだろうと軽い気持ちで来たのでどうしようか迷いましたが、何とか行くことができました。帰りは、作場平口に降りました。作場平口に着きましたが、自分がどこに駐車したのか分かりません。少し考え、もっと先だろうということに落ち着き、ちょっと歩くと記憶にある登り口が目に入りました。足は早足になりもう少し進むとあったー、我がエクストレイル。その時の嬉しかったこと、この上ありません。1時間や2時間歩く覚悟はしていましたので。結局、ただ、そこの場所だけ空いていたからとめたところが、本来とめたかった駐車場の場所とほとんど変わらなかったのです。作場平口の登山口も10メートルほど先にありました。
帰りは、小菅の道の駅によって、パスタとピザとソフトクリームを食べて帰りました。
2日目の朝、やっと地図のダウンロードができたので、2日目からの軌跡データです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン