YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

行者還から大川口へ

こんさん

  • マイスター  ブラック
  • 自己紹介:2014年の終わりに突然山歩きを初め、日々道具を揃えながら、「次はこうしよう」という小さな目標と「いつか行きたい」という大きな目標を持って、月に二回程度夫婦で登っています。
  • ユーザーID:83502
    性別:女性
    生まれ年:公開しない
    活動エリア:奈良
    出身地:
    経験年数:3年未満
    レベル:初心者
  • その他 その他

八経ヶ岳

2017/09/04(月) 20:47

 更新
奈良

行者還から大川口へ

活動情報

活動時期

2016/05/01(日) 09:44

2016/05/01(日) 15:38

ブックマークに追加

アクセス

255人

文章

テント撤収、八経の水場の場所を確認してから下山開始。
ログはスタート忘れていて弁天の森から
しかも大川口から6キロ歩いて熊渡に戻るつもりが、ものすごく親切な人に出会い車に乗せていただいたので、全然あてになりません。

弥山から八経ヶ岳に行く途中に、沢があるとネットで見て確かめに。本当に鞍部に沢があったので、奥駆のリベンジ時、緊急でなら使えそうです。

帰りは普通なら金引橋?から帰ればいいのですが、時間もあるし、行ったことのないところからにしようと行者還避難小屋まで一端足を伸ばし、ゆっくり昼休憩をしてから、すぐそばの大川口への分岐へ。

難所とは聞いていましたが、トラロープが張られており若干不安が、、、でももう一本の道には崩落通行不可になっていたけど、こちらは何も書いてないので、チャレンジすることに。
しばらくして、登って来る人発見、どうですか?と聞くとかなり引きつった顔で返答アンド三回くらい、真面目な顔で気をつけて下さいとのお言葉(^_^;)

すぐにその意味がわかりました。行者還岳をトラバースするのですが、切り立った斜面にザレと葉っぱ、枯れ枝だらけでめちゃくちゃ滑りやすそう、崩落した斜面に申し訳程度のロープでハラハラ、ひどいところだとロープもなくて緊張の連続。テープはしっかりありますが、え!?そこに行くの?みたいな場所が延々続き、コースタイム1時間半の道、三分の一ですでに1時間半経過、危ない場所を終えると心の底からホッとしました。その後は展望も開け、まずまず楽しく歩けました。最後は吊り橋が通れず、川渡り。水が多いのでサンダルに履き替えました。

うーん、昨日の双門の滝が霞むくらい、印象的なルート。おそらく二度と行くことはないでしょう( ̄◇ ̄;)

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間5時間54分
  • 活動距離活動距離12.39km
  • 高低差高低差924m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り301m / 1,224m
  • スタート09:44
  • 43分
  • 一ノ峠10:27 - 10:29 (2分)
  • 1時間1分
  • 行者還ノ宿11:30 - 12:23 (53分)
  • 3時間15分
  • ゴール15:38
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン