YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鍬崎山_男前な山

タダさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:20代終わりから始めた登山、早20年になります。
    最近は家族・家庭の事情で専ら日帰り山行のみです。なので、残り2泊3日の山旅2回で完登の信州百名山も、もう何年も足踏みしています。
    たまには泊まり山行したい!
    皆さんが「うらめしや〜」😓
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

立山

2016/05/06(金) 20:39

 更新

鍬崎山_男前な山

公開

活動情報

活動時期

2016/05/02(月) 06:24

2016/05/02(月) 14:01

アクセス:260人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,317m / 累積標高下り 1,314m
活動時間7:37
活動距離10.56km
高低差915m

写真

動画

道具リスト

文章

今日は富山まで脚伸ばし鍬崎山へ。
稜線までは、らいちょうバレーのゴンドラ利用。始発の6時に合わせ到着。
運行開始時刻まで、果たして今日営業するの?と思わせる雰囲気でいて(チケット窓口の人も定刻数分前に到着)、きっちり開始時間には運行。諸々システマティックではなく、何とも牧歌的な感じで懐かしい。

登山道の雪は、独標手前までは少々。独標から稜線肩部まではほぼ夏道で、そこから山頂までが雪道(例年ならもっとあるのでしょうが)。
毛勝に始まり、大日、立山と、進むにつれてその奥の山々の展望が開けていきます。そして山頂に踊り出ると、薬師岳が面前にどっしりとした山容で鎮座しています(これが見たくて早起きしてきました)。南には黒部五郎、北ノ俣、その向こうに乗鞍、御嶽山。白山も。
山頂から拡がる展望も一級品。男前の山容と相まって、イケメンに認定。
保冷袋に凍らせたポットボトルで冷やしてきたビールでS川君と乾杯。今日の暑さだと350mlでは物足りず。
山頂でお会いした横浜からいらした男前のお父さん、三百名山踏破を目指しているそうで既に250超え。昨日は笈ヶ岳だとか。この山頂のどこかに成政の埋蔵金が隠されているのでしょうか・・と暫し雑談。

1時間ほどゆっくり休んで後ろ髪ひかれつつ下山。気温上昇で雪は腐った状態でぬかるむ。
大品山からの地味なアップダウンがなかなか堪える。何度か登下降繰り返し、ゴンドラ終点駅に到着。

下山後、ゴンドラチケットとセットで購入した入浴券で「ホテル森の風 立山」へ。大きなホテルでした。
(ゴンドラ往復のみ1,000円。入浴券セットが1,200円。日帰り入浴料金が700円。500円お得でした)

麓から立山連山と対峙する鍬崎山の凛とした姿を眺めながら立山I.C.から帰路につきました。「ひとめぼれ」でした。




追記
今年はどこの山域も残雪は少ないが、各々「技量に合った」山行計画は必要最低条件。
下記記事是非参照ください。
※穂高岳山荘スタッフブログ
http://bochiiko8.blog.fc2.com/

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン