YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

心合寺山古墳~業平ロマンの十三街道(杵築神社・福貴畑三角点訪問)

ふぁんトントさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:生駒山系を中心に低山徘徊を楽しんでいます。古道、廃道、鉄塔巡視路など人の少ないところを好む傾向があるようです。

    生駒山系ローカルガイドのモデレーターを務めています。
    https://goo.gl/CkXGyk

    Facebookページ
    http://fb.me/2015juantonto

    Google StreetView|Trusted Photographer
    https://goo.gl/6Frrdj
  • 活動エリア:大阪, 奈良, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:大阪
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

生駒山・神津嶽・大原山

2016/05/04(水) 11:49

 更新

心合寺山古墳~業平ロマンの十三街道(杵築神社・福貴畑三角点訪問)

公開

活動情報

活動時期

2016/05/02(月) 10:39

2016/05/02(月) 15:02

アクセス:142人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,159m / 累積標高下り 1,153m
活動時間4:23
活動距離10.12km
高低差425m
カロリー2015kcal

写真

動画

道具リスト

文章

心合寺山古墳「桐兄弟」の散りゆく花を見送ってきました。意外にも上部が枯死して小さくなってしまった南側の桐が、元気に花を咲かせていました。生命力の強さを感じますね。今回のお目当ては水呑地蔵院の野田フジ。YAMAPユーザーさん(のっちゃんさん)の活動日記で開花を知り、ほぼ満開に近いフジの花を観賞出来てよかったです。三日前とは違って夏日を思わせる暑さでしたが、吹く風は爽やかで虫も飛んでなくて気持ちの良いハイキングが楽しめました。

十三街道から分岐する河内越(大阪側からは「いちはら越」と呼ぶ)は、河内と大和を結ぶ連絡道としてよく利用されていましたが、大阪側に水呑自動車道が整備されたり、なるかわ園地の管理道で分断されたりで、すっかり廃道扱いとなってしまいました。特に水呑参道と分岐する道標(写真13)から、自動車道と合流するまでの谷道が歩きにくくなっています。草刈りが行われた昨年の春頃はまだ歩けたのですが、最近また荒れてきているようです。「かわち越え」の小さな道標を見て安易に突入するとエライ目にあいますのでご注意ください。昨年歩いた様子を動画でご覧いただけると幸いです。

◎三角点について一言

三角点を訪問した記念にタッチした写真をアップしていますが、タッチはほんの軽く指を添えるだけにしています。登山靴で踏みつけたり、足を載せた写真をYAMAPの活動日記でも見かけるのが残念でなりません。一等~三等三角点は明治時代に設置されたものが多く、40kg以上もする標石(一等は90kg、盤石を含むと四等でも60kgを越える)を人力で担ぎ上げて設置した先人の苦労を思えば、決して足蹴に出来るものではないはずです。三角点は大切にしましょう。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン