YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

赤岳3日目 横岳・硫黄岳縦走

yayaさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:ゆる〜い山登り、時にはハードに
    あちこちぶらぶら楽しんでます
    *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/05/03(火) 16:27

 更新

赤岳3日目 横岳・硫黄岳縦走

公開

活動情報

活動時期

2016/05/02(月) 07:02

2016/05/02(月) 17:33

アクセス:1147人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,013m / 累積標高下り 3,030m
活動時間10:31
活動距離13.03km
高低差1,155m
カロリー4836kcal

写真

動画

道具リスト

文章

前日の強風にビビりながら赤岳無事登頂
嬉しい・・・ほんと怖かった
今日は、朝ガスって日の出は拝めませんでした。
富士山は、薄っすら顔だしてくれました。
朝食の時、同じテーブルの方々が、
昨日ビビってたのを知って
今日、不安な私を励ましてくれました。
『風もおさまってるし大丈夫!行ける!』と
ありがとうです。
頑張ろうと思いました。
出発の時は、晴れて風もなく最高の縦走日和になりました。
まずは、横岳に向かいます。

鎖・・・岩・・・雪のトラーバース
梯子などあり怖いけど楽しかったです。
相棒の"いっぷくさん"は、大人のジャングルジムみたい
と、ハシャいでました。

硫黄岳山荘で、休憩して硫黄岳に向かいます。
気持ちいい稜線を歩き、頂上手前はケルンが
導いてくれてました。
上は、平坦で広かったです。
爆裂火口の迫力に圧倒されました。

気持ちイイ稜線にお別れして、赤岳鉱泉小屋へ
樹林帯の中は、雪が凍りツルツル滑るので
アイゼンを付けたり外したりして大変

赤岳鉱泉小屋の廻りにテント張ってるのを
見てテント泊もいいなぁ~と思いましたが
荷物増えそう・・・担げるかなぁ
アイスレモネードを飲みながら話してました。
"いっぷくさん"が、どうせ俺の荷が増えるだけ・・・
と、言って笑ってました。
アイスキャンディーは、無残に崩れていました。

美濃戸口までは、沢に沿って下って
この辺りになると、暑くて一枚脱ぎました
この時、アイゼンの片方を落として
気付かないで進んでいました。
登山口まじかで、"いっぷくさん"が気付いて
『えっ!!探しに戻る元気無い』と落ち込んでる
私の背後に・・・アイゼンを片方を持った
二人の男性が・・・凄い奇跡がおきました。
落とした事に、気付かないで帰ってたら
却ってこなかったことでしょう。
気付いてすぐ・・・すぐですよぉ
ほんと(;゚Д゚)・・・
拾ってくださって二人には、感謝の気持ちいっぱいです。
ありがとうございました。

山荘のおじさんとおばさんにお茶をいただいて話して
から帰りました。

帰宅0:30  お疲れ様でした。




コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン