YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

八雲ヶ原にも嫌われた比良山系縦走(結局リトル比良で断念)

マサヤンさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:まいどです!!
  • 活動エリア:滋賀, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

比良山系・武奈ヶ岳・釈迦岳

2016/05/04(水) 02:48

 更新

八雲ヶ原にも嫌われた比良山系縦走(結局リトル比良で断念)

公開

活動情報

活動時期

2016/05/03(火) 06:49

2016/05/03(火) 15:01

アクセス:227人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,001m / 累積標高下り 1,987m
活動時間8:12
活動距離13.24km
高低差645m
カロリー5279kcal

写真

動画

道具リスト

文章

本来、GWは「久しぶりにバイクで少し旅を・・・」と思っていたんですが、先日モンベルショップで色々とありまして・・・大型ザックを購入しました。で、それならテン拍でも行こうかと思い、どこの山が良いかと色々と考えた挙句、行き慣れた比良山系縦走をするつもりで計画しました。が・・・


天気が微妙・・・かと言って、この日を逃すと計画が難しくなる・・・と、色々頭の中で考えましたが、そこは「勝手知ったる比良山系」。下山ポイントを起点に通過時間を設定。無理ならそこから下山するつもりで行って来ました。結果的には最初のポイント(寒風峠)で通過時間的には問題無かったのですが、リトル比良を歩いている時に(標高が低いにもかかわらず)何度か風にあおられたり、釈迦岳方面から来られたパーティの方に話を聞くと「釈迦岳からの稜線は、尋常じゃ無い風が吹いていた・・・」と言う事で撤退、北小松へ下山しました。

実際、電車から見る琵琶湖面は、台風並みの白波が立っており、帰りの下から見る北比良峠方面は、雲に覆われて真っ暗・・・行けたとしてもテン泊は絶対に無理だったと思います。何だか不完全燃焼な感じで終わった今回の山行ですが、仕方がありません・・・


追伸、実際の八雲ヶ原に行けなかったのでせめて「八雲の湯」にでも思い、比良とぴあへ行きましたが満車状態・・・平日休みの私にとってチョット行く気になれず、やむなく自宅近所の銭湯に。お陰さまで入浴後は、道具を片付ける余裕も無くバタンキューでした・・・


AM  6:49 JR高島駅
    7:17 大炊神社(登山口)
    7;48 賽ノ河原
    9:13 岳山
   11:14 岩阿沙利山(昼食)
   11:13 出発
PM 13;07 寒風峠
   15:03 JR高島駅



コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン