YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鈴鹿セブン、三座を巡る 鎌ヶ岳~雨乞岳~御在所岳

イトウさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:マラソンからトレイルランニングに興味が移ってます。今年はテントかついで山で遊びたいです。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1972
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

御在所岳(御在所山)・雨乞岳

2016/05/03(火) 18:55

 更新

鈴鹿セブン、三座を巡る 鎌ヶ岳~雨乞岳~御在所岳

公開

活動情報

活動時期

2016/05/02(月) 07:00

2016/05/02(月) 13:35

アクセス:159人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,765m / 累積標高下り 1,760m
活動時間6:35
活動距離18.39km
高低差468m

写真

動画

道具リスト

文章

鈴鹿セブンマウンテンの三座、鎌ヶ岳、雨乞岳、御在所岳を回ってきました。
天気晴朗、GWの割には人も少なく快適な山行となりました。
寝坊したせいで当初予定していた駐車場に止められず(蒼滝駐車場はいっぱい!)、武平トンネルの三重県側の駐車場に駐車しました。

予定では鎌ヶ岳を登ってからの雨乞~御在所周回だったのですが、いきなり予定変更、鎌ヶ岳は武平峠からのピストン往復に。
初めて見る鎌ヶ岳は凛々しいとがり具合でかなり気に入りました。
武平峠からのピストンでは少し物足りなかったので、いずれちゃんと下から登ってみたいです。

武平峠に戻って、雨乞岳の登山口へ。
登山道は道中に目印になる看板があり、今どのあたりまで来ているのかが分かってありがたかったです。
ずっと沢の近くに登山道があり何度か渡渉があったりして、水に触れることがあるのも気持ち良かったです。
急登もなくなだらかに上がって行く感じなので、走れる区間が多くて時間が縮められました。
とはいえ、標識の番号7番あたりからはそこそこの坂に。
しかも笹に覆われて足元が見づらい!
二度ほど笹に隠れた岩に足をぶつけて擦り傷を作ってしまいました・・・
そんなこんなで東雨乞岳に到着。
山頂にいらっしゃった山男さんから、この先のルートについて情報をいただきました。
あまり展望の無い雨乞岳をさらっとクリアして、山頂近くの岩でおにぎりとゼリーで栄養補給。
お昼を楽しんでる方達を横目に杉峠をクリア。
次はコクイ谷出合へ。

愛知川源流沿いの快適な登山道を進みます。
何度か渡渉をして靴が濡れますが、気温が高いのですぐに乾きます。
途中、靴と靴下を脱いで川に足を浸してアイシング。
そうこうしている間にコクイ谷出合をクリアして、上水晶谷出合に到着。
国見峠を目指して上がって行きます。

若干踏み跡が薄く、リボンの間隔が広いような・・・
急に人とも会わなくなったし・・・
少々不安に思いながら、疲労も出てきたのでこの区間はほぼ歩きで確実に登って行きました。
確実に登ったつもりが御在所岳到着寸前に登山道から外れたようで、ザレて岩がゴロゴロしている場所にでてしまいました。
踏み跡があったので躊躇なくそちらに行ったのですが、正しい登山道ではなかったようです。
国見峠の出合ではなく、御在所のスキー場にいきなり着いてしまいましたので・・・
今回は無事に山頂に着きましたが、一歩間違えば危ない場所に出ていたかも知れません。
重々気を付けなければ・・・

ともかく、無事に御在所岳に到着。
ロープウェイで上がってこられるだけあって、登山以外の人達がたくさんいました。
国見峠から登ってくると、御在所名物の奇岩を一個も見ることが出来ず・・・
これも次回の楽しみに取って置きます。
レストランで冷たい炭酸ジュースをいただき、山頂で山登りご夫婦とお話して下山を開始。
武平峠を目指します。

下山はコースタイムが55分なので少し油断をしていたのですが、まあまあのザレ場と岩場があって冷や冷やしました。
足場に気を付けながらゆっくりと歩を進め、程なく武平峠に到着。
沢で汚れた足と靴を洗って駐車場に歩いて戻り、無事に今回の登山を終えました。

日差しは強かったけど気温はそんなに高くなかったので、快適な登山でした。
アカヤシオとシロヤシオが綺麗だったな~
今日もたくさんの方に道を譲っていただいて、ありがとうございました。

藤原岳は昨年に登っているので、鈴鹿セブンマウンテンの制覇まであと3つ。
今年中には制覇したいです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン