YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

職場の山クラブ、シーズン初めの足慣らしのつもりが・・・

marikatsuさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:山形の山を中心に、時々、遠征もしながら、山歩きを楽しんでいます。よろしくお願いします(^_^)/
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

大朝日岳・朝日連峰・祝瓶山

2016/05/05(木) 15:57

 更新

職場の山クラブ、シーズン初めの足慣らしのつもりが・・・

公開

活動情報

活動時期

2016/05/03(火) 06:06

2016/05/03(火) 16:48

アクセス:124人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間10時間42分
  • 活動距離活動距離16.79km
  • 高低差高低差1,282m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,917m / 1,867m
  • スタート06:06
  • 3時間28分
  • 古寺山09:34 - 09:41 (7分)
  • 35分
  • 小朝日岳10:16 - 10:41 (25分)
  • 1時間45分
  • 中岳12:26 - 12:38 (12分)
  • 1時間44分
  • 小朝日岳14:22 - 14:54 (32分)
  • 22分
  • 古寺山15:16 - 15:19 (3分)
  • 1時間29分
  • ゴール16:48
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

ここ数年、毎年恒例となった残雪期の朝日。
今回は、この時期初めてとなる職場の山仲間を誘って、小朝日までかと歩き出すも、小朝日から望む大朝日に、天候申し分ない中、時間的余裕もあり、これは行くしかないと先を急ぐ。
が、しかし、当方は、真白き中岳の山肌に誘われてしまい、今回は、金玉水のカールを独り占めにすることにする。
雪が解ければ、お花畑が出現するなだらかなカールを緩々と進む。ここのカールをスキー場にする方もあるが、実に気持ちが良いと思う。
中岳からは、改めて西朝日、袖朝日、そして祝瓶が大きい。
中岳から北西に美しく伸びる尾根にも惹かれる。
日帰りであることが実に惜しかったが、午後から、空は薄雲に覆われ、明日に向け天候が下り坂であることを教えてくれる。
今日は、例年になく、多くの入山者があり、スッテプが刻まれ、歩きやすい反面、雪が少なく、とは言え夏道が完全に出ているわけでもないため、ちょっとではあるが藪漕ぎもあり、また、もうブヨがたかるほどに活動しており、これには一番参った。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン