YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ファンキーいしづち

ミンさんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:登山歴は2年と少しですが、幼少のみぎりより車窓から眺める山が大好きでしたので山ラブ歴は30年以上の大ベテランです。

    でも、山行に関しては初心者と殆ど変わりません。

    どうぞよろしく!
  • 活動エリア:徳島
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1979
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

石鎚山・堂ヶ森・二ノ森

2016/05/05(木) 18:56

 更新

ファンキーいしづち

公開

活動情報

活動時期

2016/05/04(水) 05:41

2016/05/04(水) 15:11

アクセス:440人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,006m / 累積標高下り 1,984m
活動時間9:30
活動距離14.54km
高低差1,592m
カロリー3636kcal

写真

動画

道具リスト

文章

石鎚山へチャレンジ!

ロープウェイ横の古山道「西之川」から標高差1000メートルを足慣らしに登る!
成就分岐に合流後は表参道ルートより山頂まで登って下って最高点へ!

朝1時起床~2時出発~5時半頃、ロープウェイ駐車場到着です。

試しの鎖~一の鎖をクリア!
最高にROCKしちまって超ハイテンション。
が、前日の雨で濡れた岩場が想像以上にツルツル滑って鎖を登るごとに余裕がなくなってきました。
二の鎖はさらに難易度が上がっているようで、命綱的な足掛け三角鎖までツルツル状態。
さすがにこれはアカンな~って思い始めた頃二の鎖もなんとかクリア!

これが最後やろ~って見上げた空の上。

…そこに見たのは「三の鎖」

ここでROCKなハートがポッキリ。
ROCKからレクイエムへ……

気が抜けた瞬間一気に疲労感が増してきて、ペースが乱れ始めて、
ヘトヘトになりながら山頂到着です。

でもここからもう一勝負!

南東にそびえる「天狗岳」へ登らないと下山は許されません。
さぁチャレンジ!

が、想像してたより結構ハードな登り降りでキツかった……

天狗岳へは初っ端の鎖での下りが一番難しかったです。
後は、巻道もあるのでなんとか登れる!

ちなみに小学生の子はピョンピョン跳ねながら登ってました。
そこ!そこ!落ちたら死んじゃうよ!?って見てるこっちがハラハラでした。
山頂で写真を撮って下さったメガネのイケメンお兄さん。
二の鎖で鎖指導をして下さった倉敷のおじさん。天狗岳でもお会いしたので話を伺うと
北・中央・南アルプスを制覇されてると。どおりで…!
これから土小屋の国民宿舎に戻って奥さんと合流して一泊して帰られるそうです。
ご指導ありがとうございました!

ここから折り返し下山を開始。
(天狗岳→石鎚山頂の方が何となく簡単に感じました。)

ヒュッテでカレーを食べました。見た目甘そうなのに結構ピリ辛でした。
そうそう、ビールのPOPを見て、飲みたいのに飲めないこの状況。

ここで本当の本当に心がボッキリ折れて、砕け散った瞬間でした。


時間に余裕があったので、のんびりと下山です。来た道を歩いて下山出来るだけの体力は残ってましたが、
気持ちが完全にへし折れてましたので、ここは無理せずロープウェイを使って下山しました。

夜は「道の駅・木の香」で車中泊。
風呂あがりにレストランで飲んだシャリシャリのフローズン??ビールがとんでもなく美味い!!
イッパイ呑んだだけでかなり酔いが回った。それから車の中でのんびり寝転びながら少しだけ晩酌。
即寝ました。

起床後。足は疲れも筋肉痛も無く問題なし。が、上半身がすごい筋肉痛。手の甲からお腹まで見事に全部(笑)
帰路の準備を済ませ朝焼けの寒風山を眺めた後、黒瀬湖/ダムによりみち。今回登った石鎚山の朝焼けを拝む。
帰りは石鎚SAで朝食と少しのおみやげを購入。
〆は当然ポンジュースに決まってる!!

楽しかったです。怪我もせず無事に登れて良かった~
お疲れ様!!!!!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン